足立醸造 晩秋の蔵「秋の奥播州ふるさとまつり」多可町

2019年11月22日(金)23日(土)24日(日)多可郡多可町の足立醸造で晩秋の蔵まつり「秋の奥播州ふるさとまつり・第2弾発酵食堂・酒としょうゆの発酵トーク」が開催されますよ!

晩秋の蔵まつり「秋の奥播州ふるさとまつり」が2019年11月22日(金)23日(土)24日(日)多可郡多可町の足立醸造で開催されます。

足立醸造は、兵庫奥播州(多可町)で百年以上使い込まれた木桶で国産有機醤油、兵庫県産の原材料を使った国産丸大豆醤油、黒大豆醤油など安心・安全な醤油を造っている有機JAS認定の醸造蔵です。天然醸造の有機味噌や米こうじ味噌なども販売しています。

期間中の3日間は、蔵元のしょうゆ・お味噌・ギフトセット10%引きです。年内最後のまとめ買いはこの3日間がおすすめ!冬の特別ギフトもご用意。お歳暮に限らずいろんな用途で蔵元のおいしいお醤油・お味噌ギフトをお得に購入のチャンスです。

また、23日(土)・24日(日)第2弾発酵食堂が開催されます。丹波で大人気のキャリー焼き菓子店&ライカル食堂が23日に出店。そのほか、西脇のpot、加西の山名酒造などコダワリお店が集結し、おいしいフードと地酒で秋の一日を楽しめます。

そのほか、23日(土)限定30名様!酒としょうゆの発酵トークが開催されます。SAKE×SHOYUの発酵トークをリベンジ開催。特別追加ゲストで発酵デザイナーの小倉ヒラクさんが加わり更に熱くなった発酵セッションが実施されます。詳細は下記チラシを参照ください。

「秋の奥播州ふるさとまつり」告知チラシ

「秋の奥播州ふるさとまつり」告知チラシ

「第2弾発酵食堂」出店一覧・告知チラシ

  • キャリー焼き菓子店&ライカル食堂(丹波)23日
    行列必死!丹波の大人気焼き菓子店。ケーキ、マフィン、ドリンクで出店。旦那さんが作る沖縄そばも美味。
  • 山名酒造(丹波)23日
    奥丹波の地で古来伝わる手作りの純米酒醸し続ける老舗蔵元。
  • Coffee & Bar Pot(西脇)23日・24日
    イタリアンバール。「割烹たまき」として出店・スペシャリティコーヒーもあまります。
  • BOTANICAL LIFE 23日
    無農薬葡萄を栽培しこだわりワインを造っています。
  • 園田ファーム(加美)23日・24日
    備長炭の焼鳥、まぐろのかまやき
  • 晩めし屋よかちょろ(篠山)24日
    旬の野菜料理を中心としたごはんや。
  • 角谷文治郎商店(愛知)23日
    伝統的な製法を続けるみりん屋三河みりんで有名。
  • 婦木農場(丹波)23日・24日
    丹波の農家がつくるおいしい自家製チーズ新作のコーダチーズも販売

第2弾発酵食堂 出店一覧・告知チラシ

「限定30名様!酒としょうゆの発酵トーク」告知チラシ・詳細

SAKE×SHOYUの発酵トークをリベンジ開催。特別追加ゲストで発酵デザイナーの小倉ヒラクさんが加わり更に熱くなった発酵セッション!!日々醸造に向き合う職人3人が繰り広げる発酵トーク。発酵が好き、菌が好き、お酒や食べるのが好きな方にオススメ!1年に1回開催していますがいつも大盛況です。お早めに!

  • 日程:11月23日(土) 13:00~14:30 先着30名
  • 参加者:
    ・発酵デザイナー (小倉ヒラク)
    ・奥丹波の山名酒造(山名洋一郎)
    ・角谷文治郎商店(ひげ眼鏡 三角祐亮)
    ・足立醸造(工場長 足立裕)
    ・司会 Homma Hayate
  • 参加費:お一人様2500円
    ※有機醤油と三河みりんと酒粕のお土産付き
  • ご予約方法 電話0795-35-0031かメールwebshop@adachi-jozo.co.jpにて承ります。

「限定30名様!酒としょうゆの発酵トーク」告知チラシ・発酵デザイナー (小倉ヒラク)
・奥丹波の山名酒造(山名洋一郎)・角谷文治郎商店(ひげ眼鏡 三角祐亮)・足立醸造(工場長 足立裕)・司会 Homma Hayate が登場

多可郡多可町 足立醸造「秋の奥播州ふるさとまつり・第2弾発酵食堂・酒としょうゆの発酵トーク」開催情報

  • 開催日:2019年11月22日(金)23日(土)24日(日)
    ※日により開催内容・時間が異なります。詳細は上記チラシを参照ください。
  • 時間:9:30~17:30
  • 場所:足立醸造店舗 地図
    (住所:〒679-1212 兵庫県多可郡多可町加美区西脇81−1)
  • 足立醸造店舗 公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で