明石市立文化博物館【大正浪漫 グラフィックデザイナーの原点 竹久夢二展】が開催!場所は?

記事はここから

2019年1月4日(金)~2月3日(日)明石市立文化博物館で「大正浪漫 グラフィックデザイナーの原点 竹久夢二展」が開催されますよ!

貴重な肉筆画や木版画をはじめとして、装幀本や千代紙など、画家としてはもちろん、デザイナーとしての夢二の力量が伝わる作品の数々をご紹介

竹久夢二(1884~1934)は、大正時代を中心として明治末から昭和初期にかけて活躍した画家です。夢二の描く女性は、やや上目使いのつぶらな瞳、華奢(きゃしゃ)で儚(はかな)げな姿で「夢二式美人」と呼ばれて人気を博し、現在でも多くのファンがいます。 しかし、夢二の創作活動は幅広く、図案や装幀など、デザイン分野にもその才能を遺憾(いかん)なく発揮しました。本展覧会では、近代日本における商業デザイン・グラフィックデザイナーの先駆者としての夢二の側面にも注目しています。 貴重な夢二の肉筆画や木版画をはじめとして、夢二デザインの楽譜や雑誌、装幀本、さらに千代紙や封筒など、画家としてはもちろん、デザイナーとしての夢二の力量が伝わる作品の数々をご紹介します。

スポンサーリンク

告知チラシ

場所

スポンサーリンク

明石市立文化博物館「大正浪漫 グラフィックデザイナーの原点 竹久夢二展」開催情報

  • 開催期間:2019年1月4日(金)~2月3日(日)
  • 開館時間:9:30~18:30(入館は18:00まで)
  • 場所:明石市立文化博物館 地図
    (明石市上ノ丸2丁目13-1)
  • 観覧料 ・当日券:大人1,000円、大高生700円、中学生以下無料
    ・前売り券 大人800円、ペア1,300円
    ※前売券は12月1日(土)~2019年1月3日(木)まで、同館、山陽電車山陽明石駅・ご案内センター(明石)、明石観光案内所にて販売
    ※20人以上の団体は2割引 65歳以上の人、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示の人(介護が必要な場合は介護者も)は半額 シニアいきいきパスポート提示で無料
  • 休館日:月曜、2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)
  • お問合せ:明石市立文化博物館 電話078-918-5400
  • ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で