2019年【いかなご解禁情報】昨年価格は1,900円/kg前後。今年の価格値段・解禁日、イカナゴシンコ漁期は?明石・淡路島・神戸垂水・姫路・播磨灘の状況が気になる!

記事はここから

2019年1月10日

2019年1月8日

兵庫県立農林水産技術総合センター 水産技術センターに平成31年漁期イカナゴ稚仔分布調査結果がアップされています!

昨年は漁終わりごろは価格も落ち着いていましたが、今年はどうなるかなぁ?

平成30年12月3日から平成31年1月4日にかけて、播磨灘北東部(鹿の瀬)で文鎮漕ぎによる産卵親

魚調査を行いましたので、その結果をお知らせします。

■親魚密度と年齢組成
・親魚密度(文鎮漕ぎ1回当たりの採集尾数)は4.9尾で、昨年と同様低い値でした。
・年齢組成は1才魚が20.6%、2才魚以上が79.4%でした。

■産卵量指数
・昭和61年を1.00とした場合の今年の産卵量指数は0.17 となり、昨年と同様低い値でした。

■産卵時期
・雌親魚の生殖腺熟度指数から判断して、12月26日には産卵が始まっていませんでした。鹿の瀬に

■今後の予定
○稚仔の分布調査
紀伊水道・大阪湾・播磨灘:1月18日~22日
○稚仔分布調査結果の公表:1月末~2月上旬頃
○イカナゴシンコ漁況予報の公表:2月中旬頃
(稚仔の分布調査とその結果の公表については、天候により日程を変更することがあります)おける今年の産卵盛期は、12月26日から1月4日の間で、昨年より遅かったと考えられます。

兵庫県立農林水産技術総合センター 水産技術センター

2018年【いかなご解禁情報】1,900円/kg前後!今年の解禁日・価格値段、イカナゴシンコ漁期は?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で