赤穂市たでのはな美術館【民芸運動の作家 展2018】民芸運動の作家 展!場所は?

記事はここから

2018年10月18日(木)~11月27日(火)赤穂市たでのはな美術館で「民芸運動の作家 展」が開催中!

通算10年目記念 民芸運動の作家

たでのはな美術館は、赤穂の市街地・加里屋で開設し、
現在の尾崎で再開するまでの4年間を除いて通算10年目になります。
そこで、今期は記念展として『民芸運動の作家』展を開催します。
各地の風土から生まれ、生活に根ざし、用に則した美を再発見するという民芸運動を起こした柳宗悦とともに活動した、いずれも人間国宝の陶芸の濱田庄司・金城次郎・漆芸の黒田辰秋・版画の棟方志功・染色の芹澤銈介・手すき和紙の安部栄四郎に加えて英国人陶芸家バーナードリーチ、没後50年の河井寛次郎の陶芸作品など展示しています。

濱田庄司 河井寛次郎 芹澤銈介
金城次郎 棟方志功  黒田辰秋etc…

スポンサーリンク

告知チラシ

場所

スポンサーリンク

赤穂市たでのはな美術館「民芸運動の作家 展」開催情報

  • 開催日:2018年10月18日(木)~11月27日(火)
  • 場所:たでのはな美術館 地図
    兵庫県赤穂市尾崎3939番地
    明神木バス停すぐ
  • 開館時間:10:00~16:00
  • 休館:水曜日
  • 入館料:中学生以上200円
  • 電話:090-3496-4282
  • ホームページ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で