尼崎市【尼ロック防災フェスティバル2018】が開催!尼崎閘門(こうもん)特別公開!場所は?

記事はここから

2018年6月3日(日)尼崎市尼ロックにて兵庫県政150周年記念事業「尼ロック防災フェスティバル」が開催されますよ!

尼ロックの正式名称は尼崎閘門(こうもん)。

2つの水門を開閉することで、海水が運河内に流れないように調節し、船が通航できるようにしています。

24時間365日看視業務を行っている集中コントロールセンターの1階にある防災展示室では、楽しく防災学習ができます。

普段は予約が必要な防災展示室が一般開放されるこの機会に、日本最大級の閘門(尼ロック)を見学し、台風・洪水・高潮から「まち」を守る工夫や、近い将来必ずやってくると考えられる「津波」から自分の命を守る方法をみんなで勉強しよう!

毎日先着10名にオリジナルグッズプレゼント!!

スポンサーリンク

尼ロックとは

尼崎閘門は、兵庫県尼崎市臨海部の運河および河川と尼崎港を隔てる閘門。別名・尼ロック。同市の治水・高潮対策と、臨海部の船舶利用を両立させる目的で設置されている。 なお本稿では、閘門建設に関連する臨海部の防潮堤についても併せて述べることとする。 ウィキペディア

告知チラシ

スポンサーリンク

場所

兵庫県政150周年記念事業 尼ロック防災フェスティバル

  • 開催日:2018年6月3日(日)
    ※雨天の場合は、6月10日(日曜日)に延期 延期の場合お知らせはこちら
  • 時間:10時~16時
  • 場所:尼ロック 防災展示室等 地図
    〒660-0093 尼崎市西海岸町
  • お問合せ:06-6409-1356(阪神南県民センター 尼崎港管理事務所 施設課)
  • ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で