「アパホテル神戸三宮駅前」2020年2月20日新店開業オープン!神戸市中央区


神戸市中央区の神戸三宮駅前に「アパホテル」が2020年2月20日オープンしますよ!

2020年2月20日に神戸市中央区の神戸三宮駅前に「アパホテル」がオープンします。

全国最大475ホテル78,250室(建築・設計中、海外、FC、パートナーホテルを含む)のホテルネットワークを展開する総合都市開発のアパグループ(本社:東京都港区赤坂3丁目2-3 代表:元谷外志雄)は、本日アパホテル〈神戸三宮駅前〉[兵庫県神戸市中央区下山手通2丁目11番12 (地名地番)]の計画地において起工式を執り行った。神事後の挨拶において、アパグループ株式会社 代表取締役社長 元谷一志は「本ホテルは、歴史のある生田神社横に位置し、神戸エリア2棟目、兵庫県下3棟目の直営ホテルとなる。神戸は、新しいものを受け入れ、独自に発展した街である。この地域は、競争の激しいエリアであるため、このホテルを地域に根付かせ、地域一番のホテルとなるよう全力でサポートしていきたい。多くの方々に満足して頂けるホテル創りをしていく事で、需要や賑わいを生み出し、地域・神戸の発展に寄与していきたい。」と述べた。

アパホテル〈神戸三宮駅前〉は、阪急神戸線「神戸三宮」駅より徒歩3分、神戸市営地下鉄西神線

山手線「三宮」駅より徒歩2分、JR神戸線「三ノ宮」駅より徒歩5分で、新幹線が乗り入れている「新神戸」駅や「神戸空港」駅へも乗り換えなしでアクセスできる。縁結びで有名な「生田神社」に近接し、「東門街」や「神戸元町」などの繁華街へも近く、情緒ある「北野異人館街」へも徒歩圏と、ビジネスやレジャーに適した至便な立地となる。
構造・規模は鉄骨造・地上13階建、全176室。設計は株式会社IAO竹田設計、施工は株木建設株式会社、デザイン監修は株式会社辻本デザイン事務所が担当し、2020年1月の開業を予定している。

ビジネスやインバウンド需要の期待が高まる「神戸三宮」駅周辺エリアにおいて、運営中のアパホテル〈神戸三宮〉(全202室)に続く、2棟目の出店計画となり、兵庫県内のアパホテルは、アパホテル〈姫路駅北〉(全168室)を含め3棟・546室となる。
関西エリアでは、本年4月11日にアパホテル〈新大阪駅南〉(大阪市淀川区・全109室)、5月9日にアパホテル〈東梅田 南森町駅前〉(大阪市北区・全240室)が開業し、本年12月11日には アパホテル〈堺筋北浜駅前〉(大阪市中央区・全193室)が開業予定であるほか、大型タワーホテルのアパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉(大阪市中央区・全917室・2019年9月開業予定)、アパホテル〈京都駅東〉(京都市下京区・全400室・2019年10月開業予定)、アパホテル〈新大阪駅前〉(大阪市東淀川区・全657室・2020年春開業予定)等が建築中と、大阪や京都を中心に展開を進めてきたが、今後は未出店エリアを中心に幅広いエリアで展開を進めていく。

神戸市中央区の神戸三宮駅前に「アパホテル」が2020年2月20日オープン

神戸市中央区 アパホテル神戸三宮駅前 場所

神戸市中央区 神戸三宮駅前「アパホテル」オープン情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で