南あわじ市滝川記念美術館【VRで弥生時代にタイムスリップ】が登場!場所は?

記事はここから

2019年4月27日(土)から南あわじ市滝川記念美術館にVRコンテンツで弥生時代を体験できる「VRで弥生時代にタイムスリップ」が登場ですよ!

兵庫県淡路島で発見された「松帆銅鐸」にちなみ、銅鐸の弥生時代にタイムスリップできる“VRコンテンツ”を作成
100年に一度の大発見。VRで松帆銅鐸の時代にGO!

2015年の春、淡路島の南あわじ市で、銅鐸が7点も出土!しかも、全国で初めて「入れ子の銅鐸」の中に「舌」が見つかる大発見!!
VRコンテンツ「銅鐸のひびき」を体験することで弥生時代にタイムスリップ。2019年4月27日から 南あわじ市滝川記念美術館 玉青館に常設。

■VRコンテンツで、弥生時代の生活を覗いてみる。

この松帆銅鐸が使われていたころの弥生時代の人々の暮らしぶりは、どんなのだったのでしょう?南あわじ市と凸版印刷株式会社(代表取締役社長:金子眞吾、以下凸版印刷)は、太古の歴史への関心の喚起と弥生時代の魅力や生活を追体験できる、VR(ヴァーチャル・リアリティ)コンテンツを制作しました。
「輝く銅鐸のひびき」とタイトルされた約20分間のVRコンテンツは、銅鐸キャラクターと一緒に学べる工夫がこらしてあり、世代を問わず臨場感ある体験が楽しめます。
VRヘッドセットを装着してコンテンツを起動、淡路島の日本遺産ストーリーを伝える映像が流れた後、軽くジャンプするとVR画面の景色は弥生時代にタイムスリップ。弥生時代の住居や生活シーンの様子が、360°のビジュアルで見渡せます。稲作や海辺、住居内や祭りのシーン、さらに銅鐸の音色が聞ける場面などが「解説」され、さらに「クイズ」を楽しむことができます。

告知チラシ

場所

南あわじ市滝川記念美術館「VRで弥生時代にタイムスリップ」情報

  • 開催日:2019年4月27日(土)~
    ※月曜休館(祝日の翌日は休館)、年末年始
  • 時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 場所:南あわじ市滝川記念美術館 玉青館 地図
    (南あわじ市松帆西路1137番地1)
  • 入館料:大人300円、大学・高校生200円、小・中学生100円
  • お問合せ:南あわじ市滝川記念美術館 玉青館
    電話0799-36-2314
  • ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で