豊岡市【松岡の御柱祭(ばば焼きまつり)】が開催されますよ

記事はここから

2018年4月14日(土)豊岡市の十二所神社前の円山川河川敷「松岡の御柱祭(婆々焼祭)」が開催されますよ!

ろんぐ

婆々焼祭!!!!ばばやきまつり!!!!!恐ろしい名前ですね~。

 

祭りの由来は、1300年頃、但馬(豊岡市高屋)に流刑となった雅成親王(後鳥羽上皇第四皇子)の妻、幸姫がその後を追ってきたとき、懐妊の身で急に産気づき、この地で王子を生み落とした。産後のひだちが悪く、一刻も早く親王のところまで行きたいと、ある老婆に「高屋まであと何日かかりますか」とたずねたところ、老婆は意地悪く「高屋まで九日通る九日市、十日通る豊岡、その先は人を取る一日市で、合わせて20日はかかる」と答えた。 これを聞いた姫は「3日歩けば気力が尽きてしまうほどなのに、これ以上到底生きる望みがありません」と、王子を残し円山川に身を投げたという。その後、毎年洪水が起き、村人を苦しめたため、嘘をついた老婆を火あぶりで焼き殺し、姫の霊を慰めるため祀ったのが始まりと伝えられている。

当日は、竹と藁で鉢型の土台を作り、その上部に「御柱松(おたいまつ)」を立て、老婆に見立てた藁人形をくくりつけ、焼き捨てるという奇祭で、良く燃えた年は豊作といわれる。

豊岡市「松岡の御柱祭(ばば焼きまつり)」

  • 開催日:2018年4月14日(土)
  • 時間:18:30~
  • 場所:十二所神社周辺
    (豊岡市日高町松岡228)
  • 料金:観覧無料
  • 問い合わせ:日高神鍋観光協会
    TEL 0796-45-0800
  • ホームページ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で