しとしと雨に濡れて。珈琲の店 慈雨。

記事はここから

ロケでフラフラな私を癒してあげる為に、やってきました慈雨。

四時前の、のんびりとした空気感がたまらない慈雨。

マスターと少しおしゃべりして、いい気分転換になります。

この時間の慈雨は、ジブリ映画の耳をすませばに登場する骨董屋さんのようで、

本当にいい雰囲気で絵になります。今描いてる油絵は慈雨を題材にしていて、宇宙の広がりと融合させたものになりそうです。まだまだ仕上がりましで時間がかかりそうだけど、創作意欲がどんどんわいています。

絵に描いていていて思うのが、慈雨にある古い品物ひとつひとつの物語。

きっと前の持ち主が大切にしていたのだということが感じられる品が多い。

慈雨にこれてよかったねと。

そんなことを考えつつ、仕事のシナリオを一つ仕上げました。

 

image
緯度経度で指定

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で