細胞までみる?「キヤノン CINEMA EOS SYSTEM 1.2億万画素デジカメ」が登場!


細胞までみる?「キヤノン CINEMA EOS SYSTEM 1.2億万画素デジカメ」が登場するようです!

「キヤノン CINEMA EOS SYSTEM」なんと!1.2億万画素のデジカメが登場!細胞までみえそうやなぁ。

!ビックリやわ。開発しているとは、ネットで噂されていたけど、開発発表するくらいだから発売は確実な?だったら、いつ発売になるんやろ??

今のキャノンeos5Dsとrが5000万画素だから、単純にその倍の画質になるのでしょうか。恐ろしく高画質です。まるっきり想像つかんわ~どきどきしてしまう。

キヤノンが開発した次世代の映像機器「キヤノン CINEMA EOS SYSTEM」。なんと、有効約1.2億画素のCMOSセンサーを採用した静止画用の一眼レフカメラで、8K映像コンテンツの制作がサポートされるという。また、「CINEMA EOS SYSTEM」の8Kカメラや業務用の8Kディスプレイを開発していることを発表した。

「CINEMA EOS SYSTEM」の8Kカメラ。自社製スーパー35mm相当サイズのCMOS搭載。8192×4320ドット(有効約3539万画素)もの高解像度で、60fpsのフレームレート、13STOPのハイダイナミックレンジ、表現豊かな広色域を生み出している。

ハイテクカメラばかりに目を向けてる場合じゃなくて、写真ももっと好きになりたいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で