珈琲のドリップ修行。珈琲の店慈雨

記事はここから

ふー、ほっこり慈雨です。

朝から慈雨へ。数年に一度の寒波がやってきて、寒さが体にこたえています。冷え切った体と心を温めに慈雨にやってきました。庭を見渡す席に座りのんびりしている。サーバーの移転も無事に終了。やってみたいことを書きとめている。

IMG_6732

朝日に照らされキラキラ度が増す、やっちゃんサラダ。

IMG_6728

野菜の紅色が食欲をそそる。食べるのもったいない。

IMG_6729

ダークブレンドがゆらりと湯気をあげている。いい香り、おだやかよ。

IMG_6730

 

珈琲の入れ方は超難しく、面白い!

先日はじめて慈雨の豆をかってみた。普段家でドリップするときはコーヒーメーカーでドリップするのが主だ。でも、せっかく慈雨に来て美味しい珈琲を飲んでるわけだし、味を比べながらハンドドリップ技術をアップさせてみてはどうだろうと思って豆を購入。

IMG_6733

家で豆から粉にもできるけど、今回は慈雨におまかせして、いつも飲む具合に挽いてもらった。豆はマンデリン、香りがフルーティーですき。

IMG_6734

豆を購入して家で初めてドリップしたときに使用したのは、柳宗理のやかんだった。

そのことを慈雨のマスターに話すると、
「それじゃお湯の量が調整しにくいから」と
ポットをかしてくれた。

ポットの底にはカリタとあった、有名なコーヒーポットのブランドですね。カリタのポットをかりた!と頭によぎったが、それはどうでもいいのだ。

さすがだ、最初に宗理のポットで入れるより格段に湯の量を調整しやすい。
さっそく、自宅にかえり使ってみた。

豆10g お湯の量140cc

最初にちょろちょろ豆全体にお湯をそそぎ蒸らす。

IMG_6737

二回目、じょろじょろフィルターの半分くらいまでお湯をそそぐ。

IMG_6739

2回目フィルターの半分りょり大目にお湯はつかいきってみた。

IMG_6741

あたりに珈琲のいい香りがひろがる。いいなぁ~アロマな癒しよ。

IMG_6740

できあがり。色はいいかんじだ。

IMG_6742 IMG_6743

今回は、蒸らしもふくめ3回にわけていれてみた。香りは抜群によかったがコクが少なかったかもしれない。今回、1週間ポットをかりハンドドリップをやりこんでみたが、難しい!奥が深い!面白い!二度とおなじ味にならなかった!香は近いものになったけど~、コクが上手くだせなかった。

ハンドドリップおもしろいぞ!
もっとやってみよ~~~

また、試しにコーヒーメーカーで入れてみたら、更に別の味と香りになって超ビックリだった。

解りやすいドリップ法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で