価格高騰で庶民が口にできなかったイカナゴ。その後

記事はここから

キロ4000円と高値だった、播磨春の風物詩いかなご。まるっきり口にしなかった人も多いと聞きます。スーパーで見かけるイカナゴの生も、なかなか手の出ない価格で購入しているひとも殆どみなかった。

いかなごの釘煮になったら安くなるかな~なんて思ってたけど甘かった。めちゃんこ美味そうなんだけど手がでない。

う、うまそう。大パックご奉仕中なんだが・・・特売品なのだが・・・

てがでね~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で