東播磨フィールドステーション【レジリエンス拠点をつくるWS-2st】が加古川で開始!場所は?

記事はここから

2018年5月26日(土)から、加古川市神野町にて「レジリエンス拠点をつくるWS-2st」が開催されますよ!

今回は、「塗る!みんなで塗りたくる!!」と題して拠点となる建物を白いペンキで塗りつくすそうですよ!

レジリエンス拠点をつくるWS-2st 内容

東播磨フィールドステーションは、空き家をリノベーションし、東播磨地域のレジリエンス(強靱性、しなやかさなど、資源を守り継承する力)の向上と地域発展のための“交流・研究拠点” を開設していきます。

vol.2では,白いペンキを塗りたくっていきます!!
お子様も参加大歓迎なので,どしどし参加ください

 

東播磨フィールドステーションとは

東播磨地域のレジリエンス向上と持続可能な発展を支える交流・研究拠点の開設準備を進めています。
市民,大学,行政の連携により,地域資源 (水(ため池),自然,暮らし,空間など)を活用し,引き継ぐ,新しい「 楽しみ」「シゴト」「知」を生み出すこと,自然環境とビジネスがリンクする“エコシステム”をつくること,を目指します。
これまで調査と検討を重ねてきたのは,神戸大学,兵庫県立大学,京都大学の研究者などからなるチーム(東播磨・大学連携ユニット)。今、神戸大学大学院農学研究科地域連携センターが事務局として実践にむけての準備をすすめています。
神戸新聞記事
神戸大学大学院農学研究科地域連携センター

場所

兵庫県加古川市神野町神野690-1 地図

レジリエンス拠点をつくるWS-2st 開催情報

  • 開催日:2018年5月26日(土)
  • 時間:10:00~15:00
  • 場所:兵庫県加古川市神野町神野690-1 地図
  • 主催者:東播磨フィールドステーション準備室
  • フェイスブック

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で