柳田國男・松岡家記念館「松岡映丘秋季画稿展 やまと絵でみる平家物語の世界」 神崎郡福崎町


2019年10月5日(土)~12月1日(日)柳田國男・松岡家記念館(神崎郡福崎町)企画展「松岡映丘秋季画稿展 やまと絵でみる平家物語の世界」が開催されますよ!

『後狩詞記』や『遠野物語』などの多くの著作の「日本民俗学の父」と呼ばれる柳田國男と、医学・国学・言語学・美術などの分野で活躍した松岡家の顕彰を目的に設立された同記念館。

今回は、松岡映丘氏が描いた作品を展示されます。松岡映丘(輝夫)は、播磨北部の神東郡田原村辻川(現在の兵庫県神崎郡福崎町辻川)に明治14年(1881)生まれ。幼少期より絵を得意とし、東京美術学校を首席で卒業後、母校の教授となりました。大和絵の研鑚と発展に生涯をかけ、新興大和絵会、国画院を結成。画壇に大きな影響を与えた人物です。

展示では、平家物語の時代を題材とする作品や、補修作業を終えた作品などが展示紹介されます。松岡映丘氏は写実的な描写を目指すため、実際に甲冑を身に着け描かれています。勇壮な武士の世界を愛した松岡映丘氏の作品をご覧ください。

柳田國男・松岡家記念館(神崎郡福崎町)企画展「松岡映丘秋季画稿展 やまと絵でみる平家物語の世界」

  • 開催期間:2019年10月5日(土)~12月1日(日)
  • 時間:9:00~16:30(入館は16:00まで)
  • 場所:柳田國男・松岡家記念館 地図
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日
  • お問合せ:柳田國男・松岡家記念館 TEL: 0790-22-1000
  • 柳田國男・松岡家記念館 公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で