【ごはんジャパン】に【場所は広島県庄原市。お好み焼きの匠「薬研堀 八昌(やげんぼり はっしょう)」片山義邦シェフ伝授「シャキシャキ甘いキャベツで作る広島風お好み焼き」料理レシピ・東京ドーム20個分の畑をもつキャベツ農家 谷口浩一さん】が登場!


2021年1月16日(土) 18時30分~18時56分放送 の「ごはんジャパン」に の「広島県 桜井玲香もビックリ!ドローンでキャベツ作り・シャキシャキ甘いキャベツで作る広島風お好み焼き料理レシピ」が登場!出演はお好み焼きの匠・片山義邦シェフと桜井玲香。

紹介されたキャベツ農家は谷口浩一さん。5年前に農業法人を設立し、未来を見据えた、キャベツ作りの匠。谷口さんのキャベツ畑は広島県内に5カ所、全部で東京ドーム20個分ある。

片山シェフのお好み焼き「そば肉玉」おいしさの秘密

片山シェフはお好み焼きは、焼いているようで実は蒸しているところ。生地が落としぶたになり、キャベツが蒸されている。徐々に水分が抜け、どんどんキャベツが沈み甘味が凝縮。甘味が引き出され、甘い香気成分(イソチオアネート)が香る。「甘い香り」のタイミングを見極めてお好み焼きを完成させていた。

テレビ朝日「ごはんジャパン」番組データ

テレビ朝日「ごはんジャパン」四季折々の魅力に満ち溢れた国、日本。この国には食の魅力を知り尽くした匠たちがいます。本物を探す旅へ。毎週土曜日よる6時30分放送

2021年1月16日(土)18時30分~18時56分 放送のテレビ朝日「ごはんジャパン 本物を探す旅へ・広島県 キャベツ」内容は、「広島県 桜井玲香もビックリ!ドローンでキャベツ作り」が登場!お好み焼きの匠・片山義邦シェフと桜井玲香がドローンでキャベツを作る広島県のハイテク農家を訪問。シャキシャキ甘いキャベツで作る広島風お好み焼き料理レシピを披露!無人収穫ロボット、最先端技術などの機器を駆使して農作物を育てるハイテク農業を紹介。

中国山地の山間に位置する広島県庄原市が舞台。今回は、東京ドーム20個分の敷地でキャベツを育てるハイテク農家を、お好み焼きの匠・片山義邦シェフと桜井玲香が訪問する。ドローンを巧みに操るキャベツ作りにビックリ!だが、ハイテク技術だけでは美味しい作物は作れない。そこはやはり最後は人の力がないと本当に美味しいものは作れない。熱い想いのこもったキャベツで、地元のお好み焼きの匠・片山義邦シェフが広島風お好み焼き料理レシピを披露!キャベツの甘みと食感を最大限に引き出した広島風お好み焼きに大感動!必見!

出演者

ナビゲーター:草野満代
ナレーション:酒井敏也
グランシェフ:片山義邦(薬研堀 八昌 店主)
ゲスト:桜井玲香
解説:福岡伸一(生物学者)

  • ごはんジャパン 公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で