【ごはんジャパン】が【場所は神奈川県箱根町。「恵比寿 笹岡」料理人 笹岡隆次 伝授「箱根・芦ノ湖 新鮮ワカサギ・秋の炊き込みご飯」料理レシピ・匠ワカサギ漁師兼料理人の仁階堂さん】登場紹介!


2021年11月13日(土) 18時30分~18時56分放送 の「ごはんジャパン」に「箱根 ワカサギ」が登場!出演は笹岡隆次(『恵比寿 笹岡』主人)ゲスト和田正人(俳優)北原里英(女優・タレント)

仁階堂誠さん

お食事処・釣り船「うえ乃」

住所:〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根162
TEL:0460-84-8471

紹介料理レシピ

「ワカサギの炊き込みご飯」
「ワカサギとニジマスのつみれ汁」

おいしさのワカサギの秘密

芦ノ湖のワカサギは、なぜおいしい理由は、芦ノ湖は、箱根山(はこねやま)が噴火したことでできたカルデラ湖で水源のほとんどが湧き水、淡水魚の臭みの原因である餌と一緒に泥などの不純物を吸い込まないことが理由。

ワカサギが、凍るほど冷たい水でも生きていけるのは、南極や北極で生きる魚とおなじく『不凍タンパク質』が含まれていて、魚が凍るのを防いでいるから。また、魚にはDHAなどの不飽和脂肪酸が多く含まれ、同じ油でも、バターやラードなど、動物性の脂肪は、常温で固まってしまうがオリーブオイルとおなじく、『不飽和脂肪酸』をたくさん含むと、冷蔵庫に入れても固まらない。

淡泊な魚をおいしくした和食の匠の技

ワカサギは、淡泊で上品な味わいの魚。味付けが濃いと、本来の風味が失われる。しょうゆに含まれるアミノ酸と糖を加熱するとメラノイジンという成分ができ、これが食欲をそそる香ばしい香りになる。唐揚げでは片栗粉がカプセルの役割を果たすので旨味や水分を逃さない効果がある。そのほかワカサギのだしを使い、お米、野菜にワカサギの風味が染み込む旨味をふくらませた。

テレビ朝日「ごはんジャパン」番組データ

テレビ朝日「ごはんジャパン」四季折々の魅力に満ち溢れた国、日本。この国には食の魅力を知り尽くした匠たちがいます。本物を探す旅へ。毎週土曜日よる6時30分放送

2021年11月13日(土)18時30分~18時56分 放送のテレビ朝日「ごはんジャパン 本物を探す旅へ」内容は、「箱根 ワカサギ」が登場!

ごはんジャパン 本物を探す旅へ〜箱根・芦ノ湖 新鮮ワカサギで秋の炊き込みご飯

秋の深まりを感じさせる食材の1つが芦ノ湖のワカサギ。恵比寿の和食の匠が、ワカサギから出汁を引き、香ばしく焼き上げて、うま味たっぷり!秋の炊き込みご飯を披露!

芦ノ湖を訪れたのは和食の匠・笹岡隆次シェフと、元AKB48で女優・タレントの北原里英、大学時代に箱根駅伝に出場した俳優の和田正人。芦ノ湖は知る人ぞ知る、ワカサギの名産地。湖畔にたたずむ食事処で3人を出迎えたのは、ワカサギ漁師兼料理人の仁階堂さん。「日本一ウマい」と自信を見せるワカサギを一番人気のフライでいただく。父の実さんが病気で休養することになり、後を継いだという仁階堂さん、今は家族総出で奮闘中!

家族で頑張る仁階堂さん一家を笹岡シェフが和食の技で応援!今回は4つの技で、ワカサギのおいしさをとことん味わってもらう!焼いたワカサギと揚げたワカサギ。出汁もワカサギからとって…季節の野菜の色どりも見事な炊き込みご飯が完成!さらにもう1品、秘密のメニューもご用意。温かい料理に身も心も大満足かと思いきや…。締めの一品も!?ワカサギの淡白な味わいの中に季節感を楽しむメニューの数々で、食欲の秋を大満喫!

出演者

ナビゲーター:草野満代
ナレーション:酒井敏也
グランシェフ::笹岡隆次(『恵比寿 笹岡』主人)
ゲスト:和田正人(俳優)
北原里英(女優・タレント)
解説:福岡伸一(生物学者)

  • ごはんジャパン 公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で