【ごはんジャパン】に【東京湾 江戸前の海の幸・一汁二菜】が登場!「てのしま」主人 林 亮平さんと競泳元日本代表 松田丈志さんが出演!場所は?

記事はここから

【ごはんジャパン】に【東京湾 江戸前の海の幸・一汁二菜】が登場!「てのしま」主人 林 亮平さんと競泳元日本代表 松田丈志さんが出演!場所は?

2018年11月24日(土)6時30分からテレビ朝日ごはんジャパン【東京湾 江戸前の海の幸】が料理の食材として登場しますよ!料理をするのは『てのしま』主人 林 亮平さん、レポーターに競泳元日本代表 松田丈志さん。

番組データ

2018年11月24日放送
「東京湾 江戸前の海の幸」
出演:林 亮平(『てのしま』主人)
松田丈志(競泳元日本代表、スポーツジャーナリスト)

◇出演者
【ナビゲーター】草野満代
【ナレーション】酒井敏也

 

スポンサーリンク

テレビ番組「ごはんジャパン」とは

四季折々の味に満ちあふれた国、この国には、食の魅力を知り尽くした匠たちがいます。本物を探す旅へ。ごはんジャパン。

日本が世界に誇る食文化の根幹にある「食の知恵」。
日本では、恵まれた四季の中で育んだ食材や調理法で、ごはんをおいしくいただく知恵や、文化を楽しみ、健やかで豊かに暮らす知恵など、さまざまな食の知恵が全国各地で受け継がれています。
この番組では、そんな、本物の美味しいものと、その「食の知恵」を、探求していきます。

  • 草野満代ナビゲーター
  • 酒井敏也ナレーター

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/

競泳元日本代表 松田丈志さん

宮崎県延岡市出身。地元・東海(とうみ)スイミングクラブで4歳から水泳を始める。
久世由美子コーチ指導のもと頭角を現し、アテネ五輪出場の座をつかむ。
その練習環境に注目が集まり「ビニールハウス生まれのヒーロー」と称される。

松田丈志(まつだたけし)
出身地 : 宮崎県延岡市
身長 : 184cm
体重 : 80kg
血液型 : O型
趣味 : サーフィン、ドラム
所属企業 : セガサミーホールディングス
Speedo Swim Club
スポンサー : セガサミーホールディングス株式会社
株式会社ゴールドウイン
江本ニー&スポーツクリニック
味の素株式会社
クラブ : 東海スイミングクラブ
自己の持つ日本記録 (2016.04.01現在)
→長水路 : 200mバタフライ(1.52.97), 800m自由形(7.49.65)
平成22年度 最優秀選手賞受賞

オフィシャルホームページ

「てのしま」主人 林 亮平さん

店主の林亮平は幼いころから毎年夏に本家のある手島を訪れていました。

手島は香川県丸亀市に属する丸亀港からフェリーで約1時間のところに位置する島です。鎌倉時代からの長い歴史があり、戦後の全盛期は700~800人住んでいましたが、現在の島民はわずか23名で高齢化が進んだ限界集落です。

私たちは誰もが郷愁を感じる原風景が瀬戸内海にあると感じています。

女将の林紗里は8年間の北欧暮らしの経験から、日常を離れて自然の中で自分に向き合うことができる、非日常の空間にこそ真の贅沢な時間があると学びました。手島は商店も信号機も外灯もない故に、太古から流れる時間に身をゆだねることができる場所なのです。

歴史ある手島を存続させたい。手島の魅力を島外の人、日本人だけでなく日本を訪れる外国人へも伝えたい。という思いを形するのが私たちの夢です。

瀬戸内海の「てしま」というと有名な「豊島」を連想される方が多く、これまで何度となく「有名な豊かな島のてしまではなく、手の島と書く小さくて何もないてしまなんです」と説明してきたこと、手仕事を大事にしたいという思いから「てのしま」という名前を選びました。

てのしま

てのしまは南青山に2018年3月に開業した日本料理店です。「現代の民藝」をテーマにどこかにありそうで、どこにもない日本料理の新しいかたちを探しています。

「みんなの和食」を目指して緊張を強いる印象の日本料理の敷居を下げて、世界中の方々にお料理を楽しんでいただきたいと考えています。一座建立、お客様に一体感を感じていただけるようなお店が理想です。

また、ワークショップや国内外のイベントを通じて、皆さまに日本料理への興味と理解を深めていただきたいというのが私たちの願いでもあります。

「てのしま」詳細情報

  • 住所:〒107-0062 東京都港区南青山1-3-21 1-55ビル2階  地図
  • 日曜日と不定休  ※詳細はホームページを参照ください。
  • 営業時間:18時~23時(22時ラストオーダー)
  • ご予約電話にて
  • 電話:03-3844-0038
  • ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で