【ごはんジャパン】に宮城県仙台市【鮭・イクラ】が登場!「青華 こばやし」主人 小林雄二と俳優・神保悟志さんが出演!絶品はらこ飯&宮城県仙台の郷土料理 子籠り鮭(こごもりざけ)場所は?


【ごはんジャパン】に宮城県仙台市【鮭・イクラ】が登場!「青華 こばやし」主人 小林雄二と俳優・神保悟志さんが出演!場所は?

2018年12月1日(土)6時30分からテレビ朝日ごはんジャパン宮城県仙台市【鮭】が料理の食材として登場しますよ!

料理をするのは「青華 こばやし」主人 小林雄二さん、レポーターに俳優・神保悟志さん。

番組データ

2018年12月1日(土) 18:30 ~ 18:56
宮城・仙台湾でとれる鮭とイクラを求めて、日本料理の“匠”小林雄二さんと神保悟志が漁に同行!絶品はらこ飯&宮城県の郷土料理を現代の和食の技で再現する!!

◇番組内容
今回、注目する食材は、宮城・仙台湾でとれる鮭とイクラ。そのおいしさの秘密を求めて、焼き魚にこだわりを持つ日本料理の“匠”小林雄二さんと神保悟志が現地へ。川を遡上する前の鮭を海に設置した定置網で獲る漁師に密着。小林さんが、鮭とイクラをふんだんに使った“はらこ飯”と、鮭の身でイクラを包む仙台の郷土料理“子籠り鮭(こごもりざけ)”を、現代の和食の技で再現する!!

◇番組内容2
東日本大震災で一度は漁師をあきらめかけるも、定置網用の船が奇跡的に見つかったことで、もう一度漁師の道を歩み始めたという鮭漁の匠に密着。川を遡上する前の鮭から取れるイクラは、皮が柔らかく味も食感も抜群だという。そんな鮭とイクラを使って、小林さんが戦国武将の伊達政宗も愛したという仙台の郷土料理・子籠り鮭を現代風にアレンジ!いったい小林さんはどんな工夫をするのか!?

◇出演者
【ナビゲーター】草野満代
【ナレーション】酒井敏也
【解説】福岡伸一(生物学者、青山学院大学教授)
【ロケ出演】神保悟志(俳優)、小林雄二(『青華こばやし』主人)

テレビ番組「ごはんジャパン」とは

四季折々の味に満ちあふれた国、この国には、食の魅力を知り尽くした匠たちがいます。本物を探す旅へ。ごはんジャパン。

日本が世界に誇る食文化の根幹にある「食の知恵」。
日本では、恵まれた四季の中で育んだ食材や調理法で、ごはんをおいしくいただく知恵や、文化を楽しみ、健やかで豊かに暮らす知恵など、さまざまな食の知恵が全国各地で受け継がれています。
この番組では、そんな、本物の美味しいものと、その「食の知恵」を、探求していきます。

  • 草野満代ナビゲーター
  • 酒井敏也ナレーター

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/

宮城県仙台市「鮭・イクラ」

仙台市中央卸売市場(同市若林区)で14日、秋の味覚「秋サケ」の入荷が本格的に始まった。同市場では試食会が開かれ、サケを使った宮城の郷土料理「はらこめし」に関係者らが舌つづみを打った。

この日入荷したサケは、オホーツク海や北海道沿岸の日高地区で捕れた800匹。水産物商社の仙台水産によると、身の締まりがよく、脂の乗り具合も抜群だという。重さは1匹3キロ前後で、卸値はメスで1キロあたり1500~1200円前後という。

https://www.asahi.com/articles/ASL9G5H7RL9GUNHB010.html

俳優・神保悟志さん

神保 悟志は、日本の俳優、タレントである。本名同じ。旧芸名:神保 悟。静岡県駿東郡清水町出身。GTZ所属。 ウィキペディア

オフィシャルホームページ

「青華 こばやし」主人 小林雄二さん

20年前からの器収集、長きに渡るカウンターでの仕事が現在の礎に
1976年、茨城県生まれ。
高校卒業後、調理師専門学校へ。在学中に器の魅力に目覚め、コレクションを始める。
その後、都内の日本料理店を経て【吉兆】へ。さらに銀座の割烹では20代の前半からカウンターに立ち、さまざまな客を目の前に腕をふるった。24歳の時に当時の店の女将から「突き詰め方が甘い」との言葉をもらい、器のコレクションも本格化。
2009年に六本木に【青華こばやし】をオープン。
2016年2月に荒木町へ移転した。

青華こばやし

青華こばやしとは
静謐なカウンターで器を愛で、
日本料理の真髄にふれる
料理は昼夜共におまかせコースを提供し、野菜は野菜、魚は魚、素材や香り、旨味そのものを器の上で表現することを徹底し、その日仕入れた食材を見て、その食材がベストな状態、美味しい調理法を用いています。

当店では一年を通して食材は六種類に絞り、調理法を変えて提供します。
焼き魚だと、真魚鰹、甘鯛、桜鱒、太刀魚、鰻、鰆の六つ。「おいしいものは限られている」これこそが、食材を固定する理由です。

「青華こばやし」詳細情報

  • 住所:〒160-0007 東京都新宿区荒木町10−17 地図
  • 営業時間 12:00~21:30
    ※昼、夜とも完全予約制
  • 日曜営業
  • 電話:03-6380-0978
  • ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で