「ストレスでハゲる。」そんなときの超対処法。

記事はここから

ストレスではケゲるを初めて体験しました!笑えないけど笑いにしたい。
hage

ぼくらはみんなハゲている

頭のおでこのすみなんです、あれ?なんかちょっと薄いなって感じたんですね。それから数か月は恐るべき状態でした。頭を少し触ると、ボロボロ髪の毛が落ちるんですよ!!!!えええええええええええ!って。それから1月ほどで2センチほど後退しました。ええ、生え際が。

もうね。現実逃避ですよね、見て見ぬふりをして、自分にしらを切り通し、なんとかストレスそのものを忘れようとしましたが、やはり無理でした。最終的に2.5センチ後退です。

ま、ハゲを気にするような性格ではなかったので、周りの視線は気になりませんでしたが、家族や友達にはかなり心配をかけましたね。原因は、はっきりしていましたが、逃げるわけにもいかなかったので、体がなじんでくれるのを待った半年でしたが、最終的に意識は完全に逃げてました。

ま、その割り切りがよかったのか2.5で打ち止めしたわけなんですが。

ストレス恐るべしです。禿る前に以前わずらった、麦粒腫のように巨大な化膿物が体内にできるということが起こるかと思ったのですが、そこにいかずハゲましたよ。

 

割り切る対処法事態、一番よくないかもしれないのですが、とりあえず原因と向き合うのを一切やめました。そしたら楽になります。向き合ってもどうしようもないこととは向き合わない。取り組まないのが一番です。

回避不能な事態だってあるので、成行きに任せ、
向き合わないを貫きました。

そして、逃げの極意を会得しましたよ。いきいき生きるためには、逃げの極意も必要なのだと痛感しました。生きてるだけでめっけものという言葉が何度も頭をよぎりましたね。

場所はどうあれ、心を原因に向けるのを避けるのをやめることで最終的にハゲは劇的に回復。会得した極意を有効に活用し、依存型から自立型への精神にも目覚め、おわり良ければ凄くいいになったのでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA