【播磨の新酒列車】運行イベントの開催!参加申し込み受付中!締切は2月14日(木曜日)!

2019年3月2日(土)「播磨の新酒列車」が開催されますよ!

 播磨地域は、酒米の王様「山田錦」の生産地であるとともに、豊かな自然が生み出す名水により、多くの酒蔵が集まる、また、「播磨国風土記」に麹を使った酒造りとしては日本最古のものとされる記述がなされています。そこで本市では、「播磨は日本酒のふるさと」として国内外に向けて情報発信を行っていく「酒米の王様・山田錦を擁する日本酒のふるさとはりまプロジェクト」を、地方創生事業として国の認定を受け、平成29年度から展開しております。この度、播磨の日本酒の認知度向上に向けた取り組みとして、地元鉄道事業者とタイアップし、貸し切り列車「播磨の新酒列車」と題したイベントを開催します。貸し切り列車内では、播磨の日本酒の試飲や播磨地域の特産品おつまみの試食、播磨の日本酒の説明などがあり、「日本酒のふるさと播磨」に対する理解を深めていただきます。参加者を募集しますので、ぜひ、この機会にご参加ください。

告知チラシ

「播磨の新酒列車」開催情報

  • 開催日:2019年3月2日(土)
  • 集合時間・場所:午前9時50分・山陽明石駅西側改札前
  • 定員:100名(1グループの参加人数は4名まで)
    ※20歳以上の方のみ(当日、免許証・保険証等でご本人確認を行います。)
  • 参加料:3,000円(飲食代、保険代、実費(税込))
  • 募集期間:平成31年1月23日(水曜日)から2月14日(木曜日)(応募多数の場合抽選)
  • 申込方法:山陽電車ホームページのお申込みフォームからご応募ください。
  • http://www.sanyo-railway.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で