兵庫県立考古博物館「考古博DEお正月」加古郡播磨町


2020年1月2日(木)加古郡播磨町にある兵庫県立考古博物館でお正月イベント「考古博DEお正月」が開催されますよ!

お正月イベント「考古博DEお正月」が2020年1月2日(木)加古郡播磨町にある兵庫県立考古博物館で開催されます。

兵庫県立考古博物館でお正月イベント「考古博DEお正月」では、お正月にちなんだあそびが展開。古代のかわいいマグネットづくり、独楽に色塗り、新春おみくじなどの体験型を実施。参加は無料、先着順による受付で、古代のかわいいマグネットづくり、独楽に色塗りは、整理券を12:30から配布されます。

そのほか、「考古博DEお正月」イベント当日は、特別展示 京都国立博物館所蔵 「西宮山古墳出土の装飾付須恵器」(2019年10月29日(火)~2020年3月15日(日)の期間開催)が実施されており併せて楽しむことができます。「西宮山古墳出土の装飾付須恵器」では、昭和29年に発掘調査が行われた、たつの市にある古墳時代後期(6世紀)の西宮山古墳から出土した遺物(京都国立博物館 蔵)が展示されます。展示する須恵器は大型の台が付いた壺で、肩の部分に小さな壺とともに人形が飾り付けられたもので、この人形は、当館所蔵の勝手野6号墳出土 装飾付須恵器(県指定重要文化財)と同じく、すもうや狩猟などの様子が表現されたものとなっており当時の様子を伺える造形物となっています。

加古郡播磨町 兵庫県立考古博物館「考古博DEお正月」告知チラシ

2020年1月2日(木)加古郡播磨町にある兵庫県立考古博物館でお正月イベント「考古博DEお正月」が開催

兵庫県立考古博物館

兵庫県立考古博物館(通称「こうこはく」)は、兵庫県播磨町にある考古博物館です。「ネットワーク・参加体験・変化・成長」をテーマに、兵庫県内の遺跡から出土した考古資料を活用した様々な事業を県内全域で展開し、だれもが、いつでも、どこでも博物館の活動に主役として参加できる新しいスタイルの参加体験型博物館となっています。県民が本物の遺跡・遺物に触れることによって得た、先人たちの「知恵」と「生きる力」への「驚き・発見・感動」を身近な歴史文化遺産への関心につなげ、地域文化を再発見へのきっかけづくり、地域文化に根ざし、愛着と誇りがもって21世紀における新たな「ひょうご文化」の創造に寄与することを基本理念としている。また、県民との協働により考古学の手法で地域文化を探求し、その成果を双方向的な展示・体験学習等を通じて県民と共有するなかで、地域文化の再発見のきっかけづくりとし、新しい「ひょうご文化」の創造と愛着と誇りに満ちた地域社会の形成に寄与することを使命にしている。そのほか、兵庫県立考古博物館に集積される資源(人・資料・情報等)を基盤に、県内各地で双方向的な展示・体験学習・学習支援等を実施するとともに、こうした広域的な活動を支える人材の育成・研修や事業ツール・プログラムの企画・開発を行うなど、「考古博物“環”ひょうご」の中核拠点としての役割を果たしている博物館です。

加古郡播磨町 兵庫県立考古博物館「考古博DEお正月」開催情報

  • 開催日:2020年1月2日(木)
  • 時間:13:00~15:30
    ※受付は15:00まで
    ※整理券の配布は12:30~
  • 場所:兵庫県立考古博物館 メインホール 地図
    (住所:〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中1-1-1)
  • 内容:
    ①古代のかわいいマグネットづくり…先着120名
    ②独楽に色塗り…先着100名
    ③新春おみくじ…先着120名(観覧券で1人1回限り)
    ※①②は、整理券を12:30から配布します。
  • 参加料:無料
    ※新春おみくじのみ同館観覧券が必要。観覧料は下記。
    大人200円、大学生150円、高校生以下 無料
  • お問合せ:兵庫県立考古博物館
    TEL 079-437-5589
    兵庫県立考古博物館 公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で