古代の住居を体感!観てびっくり、入って感動!楽しい播磨大中古代の村へ行ってきた!

記事はここから

土山駅から(^^)10分ほど南に歩いたところに大中遺跡公園があります。遺跡公園のなかには、昭和37年、中学生により発見された遺跡の遺構が再現されています。また、公園には播磨町郷土資料館や、兵庫県立考古博物館などが併設されています。
朝夕、日曜祝日には、公園でのんびりする人達の憩いの場所です。

 

それでは公園内に。古代の村には、大小8つほどの竪穴式住居が再現されています。

image image image image

中はこんな感じ。

image image image image image image

 

後でしりましたが、公園内には遺構昭和以外、村があった当時の植物も再現されているそうです。もっと見とけばよかったなぁ。

image

古代の浪漫を感じて充電中?

 

播磨町 播磨大中古代の村(大中遺跡公園・であいのみち)

「播磨大中古代の村(大中遺跡公園)」は、「オポナカムラ(弥生語で『大中村』の意)」として親しまれています。
大中遺跡の出土品は、播磨町郷土資料館に展示されています。

「であいのみち」は、別府鉄道(昭和59年2月1日廃線)線路跡をJR土山駅から郷土資料館まで遊歩道として整備したもので、四季折々の花を楽しむことができます。

また、「であいのみち」は「歴史との出会いミュージアムロード」として再整備され、6つのタイムトンネルゲートと歴史上の出来事を記した解説板、縁石には25mごとに100年さかのぼるマイルストーン(タイル)がはられ、大中遺跡までの2000年の時間旅行を楽しむことができます。

遺跡公園全体図
・4月~9月
午前9時〜午後6時
・10月~3月
午前9時〜午後5時

・休園日
月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日〜1月3日)

・入園料 無料

・交通案内
JR利用
「土山駅」南口から「であいのみち」を徒歩15分
山陽電車利用
「播磨町駅」北口から喜瀬川沿いに徒歩20分
自動車利用
第2神明・加古川バイパス「明石西(土山)IC」から国道2号線を西へ約  3km(駐車料金 1回 200円)

・問い合わせ
部署名:郷土資料館
電話番号:079-435-5000
ファックス番号:079-436-0135
メールアドレス:siryoukan@town.harima.lg.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で