「綺麗ゴト」と「商売して稼ぐ」は、つねに一体です。

記事はここから

稼ぐことは悪いことではありません!稼ぐは綺麗ごとです。いいことなんです。

kane

以前、商売人に稼いでいいなぁ〜!って本気でいったら、怒られました!え〜なんでぇ~!

商売人=金儲け=悪いイメージ、にとらえられているようなんです。考え過ぎだとおもうけど。

とくに商売人に「商売人やな」っていうと、凄くやな顔されます。
話しを聞くと、「金儲けってあとにつくんがいやや」と。

私は金儲け大好きです。儲けて投資して、お金が流通して、お金が増えたり、減ったりと
面白い!ワクワクします。商売人を尊敬してるんです。それは稼ぐ才能は、ひとそれぞれですが、自分で商い、物を販売してお金をえていることには感動します。
タイトルの「綺麗ゴトと商売して稼ぐは、つねに一体です。」は、
商売って買う人がいるでしょ?欲しいっていう人のために、一生懸命販売するのって綺麗ごとでいいことです。お金を稼ぐ延長線上、いや稼ぐそのものは人の為なので綺麗ごといいことになんですよ。
最近は、儲けて投資したい会社もいろいろ考えているです。ほぼ日の糸井重里事務所が上場するって話がほんとうなら是非買ってみたいですね。あ、東北の復興とかの会社もいいかも。

企業では、誰かがながしてくれる仕事だけするので、稼いでいる実感がなく、正直飽きます。やらされている労働という言葉で、つまらなさが増大するんですよね。企業で一番稼ぐ感があるのってどこなんだろう???やっぱり社長なんかな。営業も、組織に属しているあいだは、稼ぐや、商売にはかけ離れてる感じがするし。私も最近、営業にも興味があり、営業商売人は成り立つのか、ぼんやりと考えです。

 

昔、自宅に腰の曲がったばあちゃんが、デカイ自転車に乗り、行商に来ていた。私にとっては、おばちゃんは商売人として憧れのまとだった。なぜなら、立派に自分でお金を稼いでいたからだ。生きるために、働き、稼ぐ。この言葉が頭を過るとき、なつかしいギコギコ大きなおとをたて、くしゃくしゃの笑顔のおばあちゃんの顔を思いだす。

さあ、私も稼いで儲けるで!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA