【ヒカル砲】「アリーナツアー中止のレペゼン地球を支援」ヒカル動きます


2020年4月26日午後8時、ユーチューバーのヒカルさんが「レペゼン地球アリーナツアー中止でDJ社長に電話…ヒカル動きます」題した動画をアップ。新型コロナウイルスの感染拡大の影響でアリーナツアーが中止となったアーティスト「レペゼン地球」の支援に乗り出すことを表明した。

レペゼン地球は、レペゼン地球は日本の5人組音楽グループ、DJ集団。DJ社長を始めとする福岡県出身の5人で構成され、ライブイベント、YouTubeを始めとする動画共有サービスを中心に活動しているアーティストグループ。主な収益はライブやライブでのグッツ販売となっている。

レペゼン地球は、予定していたアリーナツアーが中止となり、多額の損失でグループの存続が危ぶまれているという状況で、心配の声がツイッターネットで広まっていた。

ヒカルさんは動画で、レペゼン地球には自身が2年前のバユー騒動のなか助けてもらった恩があるので、助けたいと語り、新型コロナウイルス感染が拡大しコンサートの延期もままならない状況で、ヒカルさんが何ができるのか直接DJ社長に電話をして話を聞き、「レペゼン地球」どう救えるのかについて言及している。

無観客でライブを行うのにも8000万円かかると聞いていたヒカルさん。DJ社長は、アリーナクラスの会場を予約するとなると1日借りるのに1000万かかり、かつ準備に1日、コンサート実施日1日、撤収に1日の計3日で3000万円が必要だという。

DJ社長は、作成したグッツの販売のみでは、今回のコロナウイルスの影響による損失はカバーできないとしながらも「クッズが売れる事でとても助かるので、ぜひ購入してほしい」と視聴者に呼びかけた。

また、ヒカルさんは動画内で、グッズの買い上げ、ヒカルさんの動画へのレペゼン地球メンバーの出演(ギャラあり)、コラボグッツの制作(パジャマ)新型コロナウイルス終息後のコンサートの実施、参加、新曲作成などを提案。気持ちのいい終わり方で、ヒカルさんのファンをはじめ、レペゼン地球のファンにも未来に向けてのエンターテイメントを提供した。

現在、その動画は、レペゼン地球とヒカルさんの今後動向に期待し既に140万回再生されており、反響が大きかったことを物語っている。

すでにどうなるのか、エンターテイメントの様相が楽しくて、みているこちらもワクワクする空気感に目がはなせない。

レペゼン地球アリーナツアー中止でDJ社長に電話…ヒカル動きます。今後の動きに注目です。

【ヒカル砲】「アリーナツアー中止のレペゼン地球を支援」ヒカル動きます

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で