「2019 姫路城等施設の無料開放日」が開催!姫路市

2019年12月11日(水)に姫路城と城周辺施設も含めた施設の入場料が無料となる「姫路城等施設の無料開放日」が開催されますよ!

姫路城世界遺産登録日の12月11日、姫路城と城周辺施設も含めた施設の入場料が無料となります。

「姫路城等施設の無料開放日」平成2年に4月6日を「しろの日」ときめてから、姫路市内の6施設『姫路城、好古園、動物園、美術館(常設展)、文学館(常設展)』の入場料を無料として実施してきたものですが、現在は姫路城が世界遺産登録日に登録された12月11日に開催されています。

2019年12月11日(水)当日は、姫路市内の姫路城のほか好古園、姫路市立動物園、姫路市立美術館 (常設展のみ)が無料になります。

12月11日(水)は、ぜひ姫路へおでかけください。

「姫路城等施設の無料開放日」対象施設一覧

  • 姫路城
    兵庫県姫路市にある城。江戸時代初期に建造。天守、櫓等の貴重な建築物残っており、国宝や重要文化財に指定されているほか、世界遺産にも登録されている。
  • 好古園
    好古園は、兵庫県姫路市の姫路公園内にある日本庭園です。正式名は姫路城西御屋敷跡庭園好古園です。「好古園」とは、江戸時代に現在の庭園入口付近あった藩校「好古堂」に由来するものです。好古園では、世界遺産・姫路城を借景に本格的な日本庭園を楽しめます。
  • 姫路市立動物園
    姫路市立動物園は、兵庫県姫路市の姫路城に隣接した姫路公園内、姫路城三の丸広場横の市立の動物園です。サンフランシスコ講和条約調印を記念して1951年12月1日に開園。現在、およそ120種400点の動物を飼育。姫路市では気軽に動物と触れ合える場所として人気がある動物園です。
  • 姫路市立美術館(常設展のみ)姫路市立美術館は、兵庫県姫路市の姫路城に隣接した姫路公園内にある市立の美術館です。昭和58年(1983年)4月1日に「市民の美術文化の高揚を図る」(姫路市立美術館条例第1条より)ことを設置目的として開館。郷土ゆかりの美術、国内外の近現代美術の名品を収集、3700点余りの作品を所蔵しているほか、無料のコレクションギャラリーでは多様な所蔵品をご紹介しています。また、企画展示では、国内外の優れた美術の展示や、特別企画展、公募展「姫路市美術展」なども実施しています。永田萌さんが2018年に館長に就任しています。
  • 姫路文学館(常設展のみ)
    姫路文学館は、兵庫県姫路市、姫路城の西、男山のふもとに立つ姫路市立の文学施設です。平成3年(1991年)4月、市制百周年事業の一環として開館。姫路文学館は、姫路を中心とした播磨ゆかりの作家や学者たちの功績などを広く知ってもらうため、資料の収集および調査、研究をおこなうとともに、あらゆる文学活動の拠点とすることを目的としています。建物は、建築家安藤忠雄氏の設計で古い町並みにユニークなデザインの建物が新しい風景として調和しています。展示では、姫路城の立つ姫山の歴史とそこで生まれたものがたりを紹介するほか、北館に、南館には司馬遼太郎記念室があります。そのほか、特別展や講座等も開催し、姫路市の文学活動の拠点として資料を陳列するだけでなく、斬新な手法で文学に親しんでもらうためのアプローチを実施しています。

2019年12月11日(水)はに「姫路城等施設の無料開放日」が開催

姫路城等施設の無料開放日について

姫路市では、姫路城が世界遺産に登録された記念日として、姫路城、好古園、姫路市立動物園、姫路市立美術館(常設展)、姫路市立文学館(常設展)の入場料が無料になるイベントを実施しています。姫路城等施設の無料開放日は、平成2年に4月6日を「しろの日」ときめてから、姫路市内の6施設『姫路城、好古園、姫路市立動物園、姫路市立美術館(常設展)、姫路市立文学館(常設展)』の入場料を無料として実施していました。しかし、春の行楽シーズンとも重なり、姫路城で入場者数が急増、安全措置として入場制限を行うようになり、観光で来場した方の迷惑になる状況が続いたため、平成19年4月6日で終了しました。そして「しろの日」のかわりに、姫路城世界遺産登録を記念した世界遺産登録日(12月11日)に開催日を変更し、周辺施設も含めた施設の入場料を無料を行っています。※ただし、姫路城等施設の無料開放日は、12月11日が月曜日の場合には休館施設がありますので事前に施設公式ホームページにて確認の上お出かけください。

姫路市「2019 姫路城等施設の無料開放日」開催情報

  • 開催日:2019年12月11日(水)
  • 場所:姫路城、好古園、姫路市立動物園、姫路市立美術館(常設展)、姫路市立文学館(常設展)
  • お問合せ:姫路市観光振興課 TEL:079-287-3652
  • 姫路市 公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で