日本玩具博物館【日本と世界のままごと道具】姫路市


2019年7月13日(土) ~10月14日(月)に日本玩具博物館(姫路市)で夏の特別展「日本と世界のままごと道具」が開催されますよ!

*野原の草を置いて玩具の包丁でとんとん刻んだり、小さなお椀に花びらや木の実を盛りつけたりして遊んだことがありますか。友達が集まって小さな食卓を囲み、それぞれに家族やお客様の役を演じながら、誕生会さながらのお茶会を開いた思い出があるでしょうか。そのような調理や配膳の様子をまねる遊びを「ままごと」と呼び、それは、幼年時代から少年少女時代にかけて、特に女児たちが夢中になる遊びです。
*「ままごと」を漢字で書くと「飯事」。この漢字が示すとおり、ままごとは、本来、“食べること”を指しています。一方、英語には、ままごとを直訳出来る言葉はみつからず、家事を真似た遊び全体が「Playing house」と表現されます。私たちもまた、“ままごと遊び”というとき、家庭的な“ごっこ遊び”や“人形遊び”を連想し、調理や食事のまねごとを中心に広がっていく遊び全体をイメージすることが多いかもしれません。
*さて、ままごとをより楽しくする玩具を「ままごと道具」と呼びます。これは世界の各地で古くから作られており、それぞれのお国の文化や子ども観などを物語ってくれます。たとえば、ドイツやイギリスのままごと道具においては、実際に家庭で用いる道具が均一の割合で縮小され、素材やデザインにも注視して製作がなされています。ここには、子どもに本物を通して、生活文化を伝承していこうとする西欧社会の考え方がうかがえます。日本のままごと道具

セットでは、子どもの手に合わせて箸や包丁が大きく作られるのに対して、食卓や食器棚はとても小さいのです。そこからは、子どもの興味や関心に合わせて玩具を作っていこうとする大人たちの視点がうかがえます。
*本展は、アジア、アフリカ、アメリカ、ヨーロッパの特徴あるままごと道具を集めて、世界のままごと遊びを探訪します。日本のままごとでは、雛まつりに登場する小さな台所道具や茶道具をとり上げ、ハレの日のままごと遊びについて紹介する一方、明治・大正・昭和・平成、と時代を追ってままごと道具の移り変わりをたどります。ままごと道具の素材が、時を経て、木や土や陶磁器からブリキやアルミニウム、そしてプラスチックへと変化していく様や、調理道具の電化によって台所や食卓がどんどん近代化していく様をも感じ取っていただけたら幸いです。
*展示室をまわっていただくと、思わず手にとって遊びたくなるようなままごと道具がたくさん現れます。その愛らしさを楽しみながら、世界の子どもたちの遊びの風景を、また、私たちの国の五十年前、百年前の子どもたちがままごとに夢中になっている様子を想像してみて下さい。

  • 開催日:2019年7月13日(土) ~10月14日(月)
  • 場所:日本玩具博物館 6号館 地図
    (姫路市香寺町中仁野671-3)
  • 開館時間:10:00~17:00
  • 料金:一般600円、高校・大学生400円、子ども(4歳以上)200円
  • 休館日:水曜
  • お問合せ:日本玩具博物館
    TEL 079-232-4388
  • 日本玩具博物館

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で