姫路市平和資料館【収蔵品展・昭和前期の市民のくらし】が開催!場所は?

記事はここから

2019年1月12日(土)~4月14日(日)姫路市平和資料館で収蔵品展「昭和前期の市民のくらし」が開催されますよ!

姫路市平和資料館に寄贈いただいた戦争当時の貴重な資料を中心に、収蔵品の展示を行います。

毎年、市内外を問わず、多くの方から太平洋戦争等に関する貴重な資料を数多く寄贈していただき、今年度は31件、208点の資料が新たに寄せられました。

今回の収蔵品展は、「昭和前期の市民のくらし」をテーマに、新着資料に加え収蔵資料を展示します。展示については、4つのコーナーを設定しています。

「食」材料を使って美味しく食事ができるように、どのように工夫していたかが分かる展示
「住」ものがない時代に生きる人々が、どのような道具を使い、どのような生活をしていたかが分かる展示
「衣」昭和に入り戦争が始まると、人々の服装に対して規制が始まった様子が分かる展示
「遊」当時の人々の娯楽は戦争とともに大きく変わった。特に子どもの遊びにも影響したことが分かる展示

新着資料では絵葉書、軍事郵便、寄せ書きの日の丸の扇子、昭和天皇訪問時と思われるレコードなど208点が展示されています。

期間中のイベント
姫路空襲体験談を聞く会
日時:平成31年3月3日(日曜日) 午後2時から
場所:姫路市平和資料館 2階 会議室
語り部:玉置正光さん
参加費:無料

告知チラシ

場所

姫路市平和資料館 収蔵品展「昭和前期の市民のくらし」開催情報

  • 開催期間 2019年1月12日(土)~4月14日(日)
  • 開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
  • 場所 姫路市平和資料館 2階多目的展示室 地図
    (姫路市西延末475)
  • 観覧料:収蔵品は無料 ※常設展示室は有料です。
  • お問合せ:TEL 079-291-2525
  • ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で