ひょうごの在来種保存会「農」に感謝の集い〜循環型農業の45年、在来種保存会の13年〜に参加してきたよ!

記事はここから

2017年2月11日(土・祝日)姫路市兵庫県立大キャンパスにて、ひょうごの在来種保存会「農」に感謝の集い〜循環型農業の45年、在来種保存会の13年〜が開催されました!

保存会ができて13年。ほぼ半分を色々参加させてもらいながら学んだことは沢山ある。お金ではけして換算できない経験は、これからも自分を活かす経験になって、自分のあり方を理解さていく上で大切な経験になりました。

今回は本が発行され、山根さん自身が一区切りとして企画したと話していた。
保田茂さんの、有機農業論と母乳に残る残留農薬の話は、昔の事を忘れて繰り返さないためにも、在来種をま守るためにも、農に対する意識を再認識していく必要の大切さを感じる内容だった
ひとは忘れてしまうもの。でも、忘れたら思い出せばいい、原点にたちもどればいい。
山根さんの話は今までの活動の総括。次世代の保存会へのエールだった。
楽しく在来種を保存しつつ農とたわむれる未来に生きたいものです
とても有意義な講演会でした!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で