ブログに、何かについて「書こう」と思う硬さがありますね。

記事はここから

ブログに、何かについて「書こう」と思う
硬さがありますね。

 

これは人によって違うかも知れませんが、私の場合、ブログには自分が興味を持っているもの、自分が「すげー!」って思ったこと 、感動したこと、強く思っていることしか書いていません。

自分のブログ好きですか? 自分が「ときめく記事」を書いていけば良いと思う

 

ヤスさんの記事を見てハッとしました。ブログを書き始めて半年。PDCAを繰り返していたのはいいけど甘さがありました。アクセス数も右肩上がりで、どこかに「こんなものなのかな?」って気持ちが芽生えはじめてああました。

変化に慣れて、変化に疎くなっていた。

変化、変化と意識して捉われますね。いや、意識してやることにかたさがあるんかなぁ。けど、意識的にやらんとダレそうで、性格とのバランスを調整する段階じゃないですね。とにかく一年はがむしゃらにやてみょう。その間になんかいいアイデアも浮かぶやろう。

今後の方針。半農半Xをもう少し前に出してみようかな。

農に関わる生き方は頭のなかが楽になるから、書いてても楽しいし。半農してる知り合いが多いのですが、みなそれぞれに半農スタイルがあります。もちろん半Xの方はバラバラ。デザイン、土木、公務員、サラリーマンなど色々。色んな個性が自由に半農を楽しんでいます。しかも、半農半Xが互いに影響しあい、仕事にも農にもいい影響を及ぼしているようです。

最近きいた新しい言葉、援農。
しりませんでした。農家に農を楽しみたい人が出向き、農家を手伝うというもの。その報酬は出来た作物なのだとか。互いに、得難い経験を得ることができ、新しい働きの予感がしますね。ただ、まだまだ始まったばかりで課題も多いようです。農家は農業のプロ、仕事の合間に作業をてつだうものだろうから、継続してやっていけるかが課題です。

まとめ

方針、目的、目標を具体化してみる。
実現可能かどうかより試したいかしたくないか、
面白いか面白くないかで決めていこうと思います。

後はひたすら継続です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で