大企業は、もう既に何も守れない。

記事はここから

もう、むりです。企業体がでかいと、それだけで毎月出ていくお金は半端ありません。
派遣社員がグータラ正社員をいかすために馬車馬のように働いている様子をみると嫌な感じです。

 

sarariman

 

毎朝駅前に二台のから三台のマイクロバスがやってきて、同じ作業服を着た人たちが、死んだような目をして乗り込んでいきます。工場のライン作業をメインに請け負っている派遣会社の社名がマイクロバスかかれてありました。一様に明るい雰囲気はゼロ。疲れた顔をした人が、コンビニで昼ごはんでしょうか?弁当を買っていそいそバスに乗り込んでいきます。もう4年ほどその光景をみていますが、一時景気がいいと騒がれたころはバスの数も多く、人それぞれの顔も明るかった?ように思いますね。仕事が忙しい分、収入もあったのでしょう。

 

けど、派遣です。否応なく景気の波にさらされ、あっけなく切られる運命にあります。
死んだようにいきるか、いきいきとして死ぬか。明日死ぬかもしれないのです。

そうじゃない派遣会社(イケダハヤトさんがかかれてます)もあります。

 

けど、もう正社員であろうと、派遣であろうと関係のない雰囲気がプンプンしてきたと思います。なんせ、企業そのものに余裕がなくなってきた感じが半端ないのです。

 

福利厚生、食堂でのメニュー数、出来る人がどんどんいなくなり仕事がまわらない。けど無理やり回すから大失敗、揚句収益低下というブラックループに陥っている。

 

そうなるともはやブラックループからはのがれられない!

守られてる間は、力になってるのかどうか、自立といきたいところですなぁ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA