信用と信頼の違いって知ってます?これを見てちょっと考えがかわりました。

記事はここから

shinyou

 

う~ん、しらなかった。信用という言葉、どちらかというと信頼という意味で使ってたのね。

仕事上、組織に属している以上、与えられたことはこなす。仕事は流しているのでそこは信用。けど信頼にはおよばないということなのね。

 

 

信用とは、何らかの実績や成果物を作成して、その出来栄えに対しての評価のことをいいます。そのため「信用」するためには、実績や成果物が必要不可欠なわけです。この実績や成果物といった、過去の業績に対して「信用」するのです。

「信用」は何らかの実績や成果物を必要とします。その人の過去の行為(事実)や作り上げてきた作品といった物理的なモノに対して「これは大丈夫だ」と信用するわけですね。ですから「信用」は、モノを評価する人から、そのモノを作った人に対する片方向になるのです。

 

全然知らなかった事実!信用する、は過去の実績からの判断だったんだ。
よく知らずにつかってましたよ。

 

「信頼」は、その人の実績や過去の振る舞いを見たうえで、その人の人間性や習慣、クセ、感覚といった目に見えないものに対して期待し、その期待に応えてくれるだろうという気持ちの表れです。気持ちに気持ちで応えるのが「信頼」です。「信頼」は気持ちと気持ちのつながりですから、双方向です。

出典:http://blogs.itmedia.co.jp/tani/2011/10/post-f5e5.html

 

仕事の信用も大切ですが、これからは信頼されるように仕事にとりくみたいです。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA