いつまで都市に集中すると思ってるのかな。

記事はここから

toshin

 

多くの人は「人口」「機能」「経済」が今世紀も都市に集中をしていく、と見ているようですが、ぼくはそれ、間違っていると思うんですよ。

まだ東京で消耗してるの?

 

私もそう考えています。間違っています。

これからどんどん分散傾向が勢いをましていき、過度に集中する部分でも、今のような都心人口ではなくなってくると考えています。

 

都市に人や機能、経済が集中していたのは、便利だからですよね。集まって近くで業務を処理していけるから。けどインターネットの登場で状況は一変しました。今後は自動運転の物流が始まれば、さらに激的に変化していくはずです。

都市に人が集まっていたかわりに、情報が集中する場所がネット上にできていき、別に人が集まるところでなくていい状況を作り出していくでしょう。

 

まさに情報化という意味では攻殻機動隊のような世界が現実になるでしょう。今も脳につながっていないだけで、実際は同じ世界観なのかもしれませんね。

情報のハブ空港になり、色んな場所から発信される情報が、一度は通過する点のような存在になるんじゃないかな。情報が集まるところだけが存在して、人が集まらなくてもいい環境になっていく。

都市に集中していくと考えてる人って、今どれくらいいるのかな?

地方はこんなに豊かで素敵ですよ。仕事だってあります、無ければ作ればいい。都市に住む理由もないわけです。こだわる部分を楽しく暮らすにしましょう。住むために働くなんてできないな。

 

現在、そして未来に目を向けてみる。あなたには、なにが見えますか?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で