【開店】「出石珈琲」が2020年オープン予定!オーナー斎藤 孝博さん(さいとう たかひろ・出石町の地域おこし協力隊)豊岡市出石町(憩い酒場ひととき内)


豊岡市出石町の田結庄通(憩い酒場ひととき内)に「出石珈琲」が2020年オープン予定!

「出石珈琲」は、出石町の地域おこし協力隊で活躍されている斎藤 孝博さんがオーナーのコーヒー店。

「最高のコーヒーを最高の器で」をコンセプトに、皿そば・城下町で有名な、出石町(城崎温泉から車で約30分)で、日本最古の磁器・出石焼の器で出石オリジナルブレンドコーヒーを提供するカフェとして。2019年には出石の各イベントで出店していた。

出石珈琲は、日本でも最古の部類に入る磁器で伝統工芸・出石焼の器で、高品質の「スペシャルティコーヒー」を使用した厳選したコーヒー「出石オリジナルブレンド」を提供。白を基調としたシンプルながらも美しい器「出石焼」とコーヒーとのコントラストが抜群です。

現在、出石珈琲は4月オープン予定だったものが、新型コロナウイルスの影響で延期となっているそうです。現在、但馬地域は大型店も営業再開可能になり、出石珈琲もオープンに向け動き出しているそうです。

豊岡市出石町の田結庄通に「出石珈琲」がオープン予定!

「出石珈琲」

​最高の器を目で楽しみながら、こだわりのコーヒーを味わえる珈琲屋さん。出石町の地域おこし協力隊と、出石のカフェ好きで試飲を重ねながら開発した、厳選されたスペシャルティコーヒー「出石オリジナルブレンド」を提供。「出石オリジナルブレンド」は、厳選された農園で栽培された、高品質の「スペシャルティコーヒー」を使用している。また、コーヒーだけでなく、「人と人がつながる場所」としての機能も観光客と地域住民が集まる場所や、イベントスペースとしての活用をめざしている。

兵庫県出石(いずし)町の地域おこし協力隊、斎藤孝博(さいとう たかひろ)さん

東京出身。早稲田大学卒業、不動産会社、バックパッカー、雑誌社(東京)、Webメディア(東京)をへて、2019年4月から、兵庫県豊岡市出石町の地域おこし協力隊として、出石の広報・PRを担当。就任前には、世界一周や雑誌社・Webメディアの編集ライターやSEOの仕事をしていました。2020年カフェ「出石珈琲」永楽館近くで開業予定。出石珈琲のカフェは、近畿最古の芝居小屋「永楽館」から徒歩3分にある居酒屋「憩い酒場ひととき」さん(豊岡市 出石町田結庄84)のお昼をお借りしてオープンする予定です。

豊岡市出石町 田結庄通「出石珈琲」場所

豊岡市出石町 田結庄通「出石珈琲」オープン情報

  • オープン日:2020年4月オープン予定 ※現在、新型コロナウイルスの影響で延期
  • 住所:〒668-0233 豊岡市出石町田結庄84(憩い酒場ひととき内) 地図
  • 公式ホームページ:https://izushicoffee.wixsite.com/cafe
  • 公式ツイッター:https://twitter.com/takasaito0104

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で