加古川市所蔵「李庚 人物画展」加古川市立松風ギャラリー


2021年8月14日(土)~9月1日(水) の期間、加古川市立松風ギャラリーで加古川市所蔵 中国現代画壇の巨匠「李庚 人物画展」が開催されます。

期間中、加古川市所蔵の水墨画・李庚(り こう)氏の作品が15点が公開されます。

1950年北京出身の李庚氏は、父は中国現代絵画の巨匠・李可染、母は彫刻家という芸術一家に生まれます。幼いときから芸術を学び、世界児童かいがコンクールなどに入賞・受賞しています。

1980年来日。依頼関西を拠点に国内外で活躍し、一時は加古川の古民家をアトリエとして制作活動を行いました。1992年には加古川総合文化センターで展覧会を開催。出品作品が加古川市へ寄贈されました。

現在はちゅごくと日本を行き来しながら京都芸術大学客員教授として水墨画の講師を務めています。

今回の展覧会では、加古川市所蔵の作品から、漢詩が添えられた詩人や偉人を描いた「人物画」を公開します。人物や漢詩は李庚氏が挿絵を担当した「中国詩人伝」(陳舜臣著)を参考にしながら紹介する予定です。水墨画で表現された魅力的な詩人像が楽しめる内容になっている。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、変更になる場合があります。

所蔵 中国現代画壇の巨匠 李庚 人物画展

  • 会期:2021年8月14日(土)~9月1日(水) 午前9時~午後5時 会期中休館なし
  • 場所:加古川市立松風ギャラリー 地図
  • 入場料:無料
  • 主催:加古川市立松風ギャラリー指定管理者 加古川市美術協会
  • お問い合わせ:加古川市立松風ギャラリー 電話:079-420-2050
  • 加古川市立松風ギャラリー公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で