長野県長野市ヘーゼルナッツ栽培【生アイスの店 ふるフル】岡田浩史さん珠実さんが【人生の楽園】に登場!場所は?

長野県長野市ヘーゼルナッツ栽培【つくりたて生アイスの店 ふるフル】岡田浩史さん珠実さんが【人生の楽園】に登場!場所は?

長野県長野市で「生アイスの店『ふるフル』を営む岡田浩史さん珠実さん夫妻が、2019年10月5日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2019年10月5日神無月の壱
長野・長野市
~ ヘーゼルナッツを名産に ~

長野市が舞台。「故郷で新たな名産品を作りたい」と挑戦する岡田浩史さん(59歳)と妻の珠実さん(59歳)が主人公。5年前から世界三大ナッツの一つといわれる「ヘーゼルナッツ」の栽培を始め、生アイスのお店を開きました。
長野市出身の浩史さんは高校を卒業後、アイスクリーム店やパン店に勤務。その後、友人と洋菓子店を開きますが28歳の時、厨房機器を扱う輸入商社に転職。珠実さんと結婚し2人の子どもが生まれました。
転機となったのは、48歳の頃。お菓子の製造機器を輸入するためにイタリアのトリノを訪れた時のことでした。一面に広がるヘーゼルナッツ畑を目にし、雪の中でも元気に実るヘーゼルナッツに衝撃を受けます。「将来、故郷に新たな名産品が必要になる」と常々考えていた浩史さん。「ヘーゼルナッツなら長野でも作れるのでは?」との思いを強くしていきます。2013年、53歳で会社を早期退職。翌年の春に遊休農地を借り、ヘーゼルナッツを植え始めました。同時に6次産業化するための拠点を作ろうと食品加工会社を立ち上げます。さらに、信州産のおいしいヘーゼルナッツを多くの人に味わってもらいたいと、生アイスの店『ふるフル』をオープンさせました。
ヘーゼルナッツは寒さに強く、病害虫にも強いことから、比較的栽培に手間がかからないと言われます。しかし、収穫は地面に落下した実をひたすら拾う大変な作業。愛情込めて育てたヘーゼルナッツは『ふるフル』で様々なスイーツに生まれ変わります。「濃厚で忘れられない味」とリピーターも多く、評判です。
「地元に新たな名産品を作りたい。信州産ヘーゼルナッツを多くの人に知ってもらいたい」とヘーゼルナッツの栽培を始め、生アイスのお店も始めた岡田浩史さんと珠実さん。2人の奮闘ぶりと、応援してくれている家族や、地域の方々との交流の様子を紹介します。

人生の楽園

生アイスの店『ふるフル』はどんな店

ヘーゼルナッツの国産化と6次産業化を目指す会社(株)フル里農産加工が運営するアイスさんです。特徴は、一度も冷凍しない、ここでしか食べれない『生アイス』。近隣の上駒沢、古里地区周辺の果物や野菜を中心の材料でつくりたての生アイス、生シャーベット提供したいとの想いから、2014年7月31日(木)にオープン。の生アイス、生シャーベットのほか、新鮮な農産物とジャム、ペースト等その加工品も人気がある。

また、自家農園と近隣の生産者さん合わせて150本近くのヘーゼルナッツ(西洋榛)を試験的に栽培。純国産のパータ・ノアゼット、ジャンデュイヤやジャンデュイオットが新しい長野の名産品にしようと取り組まれています。

生アイスの店『ふるフル』の場所

生アイスの店『ふるフル』店舗情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で