鹿児島市 新島【移住】佐々木和子さん直行さんが【人生の楽園】に登場!場所は?


鹿児島市の新島【移住】佐々木和子さん直行さんが【人生の楽園】に登場!場所は?

鹿児島市新島「移住を楽しむ佐々木和子さん直行さん夫妻が、2019年11月2日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2019年11月2日霜月の壱
鹿児島・新島
~ 二人だけの島暮らし ~

次回は桜島の北東1.5キロ、錦江湾に浮かぶ鹿児島市の新島(しんじま)が舞台。主人公は無人島になってしまった故郷を守りたいと移住した、佐々木和子さん(59歳)と夫の直行さん(66歳)です。昭和35年、新島で5人姉妹の末っ子として生まれた和子さんは、小学校4年生まで島の分校、5年生からは桜島の本校へ船で通いました。その後、鹿児島市街の叔母の家から中学、高校、短大と通い、卒業後は市内の絹織物の会社に就職。23歳のとき、鉄鋼を扱う商社に勤める直行さんと結婚。直行さんの故郷、北九州市で暮らし4人の子供を育てました。
和子さんに転機が訪れたのは50代半ば。鹿児島市街で暮らしている姉、4女のひろ子さんからの電話がきっかけでした。「新島が無人島になって荒れている」と聞き、直ぐに新島へ向かいました。そこで目にしたのはジャングルのように荒れ果てた故郷の姿でした。和子さんは「何とかしないと故郷がダメになる」と思い、月に1回、姉のひろ子さんと島に渡り掃除を始めることに。その後、夫の直行さんも一緒に行くようになり、新島通いは月2回に増えました。さらに姉のひろ子さんが友人、知人にも掃除を呼びかけ島は少しずつ綺麗になっていきました。
島との関わりを深めてく中で、和子さんは亡き父の言葉を思い出します。「新島をどげんかしたい。島の神社をどげんかしたい」。口癖のように話していた父・敬造さん。その願いを叶えようと、家族や知人らと協力し島の五社神社を再建することに。同時に和子さんは「新島に戻り、島を守って行こう!」と決意し、新島に残っていた知人の空き家を購入しリフォーム。今年9月、2人だけの島暮らしをスタートさせました。
新島にはお店がないため、週に1度は船で買出しに出かけます。そのために直行さんは船舶免許を取得しました。買い出しは桜島まで船で渡り、島から車で垂水市のスーパーへ行きます。野菜、肉、冷凍食品など1週間分を購入しますが、唯一買わないのが魚。お2人は時間を見つけては自宅前の海で釣りをしています。目指すは自給自足です。
無人島になった故郷を守りたいと北九州市から移住した佐々木さん夫婦の暮らしと、それを支える家族、そして元島民との交流を紹介します。

テレビ朝日「人生の楽園」 毎週土曜 よる6時00分放送 <楽園の案内人>西田敏行、菊池桃子

「鹿児島市 新島」の場所

「鹿児島市 新島」はどんな島

鹿児島の新島は、桜島のある鹿児島湾、桜島の北東のほうこうに約1.5kmにある島です。燃島とも呼ばれ、古くは安永島・祝島とも呼ばれていたそうです。新島のおおきさは、南北750メートル、東西400メートル、面積約0.1km²ほどです。

新島は、安永の大噴火でできた島です。安永の大噴火は、安永8年(1779年)10月1日14時ごろ南岳南側中腹から爆発、さらに16時ごろ北東側中腹からも噴火し、島の南側及び北東側に溶岩が流出し、それにともない桜島北東海域に海底噴火又は隆起によって新島(燃島)を含む8個の島が誕生し、後に海中に沈没しあるいは合して現在に至っています。

昭和26年にはおよそ250人が住んでいたが、次第に対岸の桜島に転出。高齢化が進み、2013年に無人島になっていた。新島では、長く自家発電が行われていましたが、昭和54年に海底送電線が完成しライフラインも整っており、現在は、新島での教育活動に取り組む NPO法人ふるさと再生プロジェクトの会を立ち上げられ、新島での自然体験ツアーなどが実施、鹿児島市も2018年に新島の活用を図る方針を固め、新年度予算案に調査費500万円を盛り込んでいる。新島は桜島・錦江湾ジオパークの見せ場とする「ジオサイト」に指定されており観光面でも注目されています。

「鹿児島市 新島」への交通手段

鹿児島市 新島への交通手段は行政連絡船があるようです。

桜島(浦之前港)~新島(新島港)間の行政連絡船は、鹿児島市の桜島(浦之前港)と新島(新島港)間における市民の交通の利便及び市行政の円滑な遂行を図るため、行政連絡船を運航しています。

※気象条件等により欠航することがあります。
※定員12名(先着順)

「NPO法人ふるさと再生プロジェクトの会」情報

ふるさとの再生と環境保全を図り、自然豊かなふるさとを教育資源として環境教育・社会教育・子供たちの心身の健全育成に関する事業を行い、高齢者の生きがいづくり・健康の維持増進並びに活力ある地域社会づくりに寄与することを目的としています。

  • 場所:〒891-1403 鹿児島県鹿児島市新島町 地図
  • お問い合せ:090-2581-3501 FAX099-257-5363

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で