高知県奈半利町【農家食堂まえまき・米ヶ岡米の夫婦(めおと)どぶろく「年(ねん)・和(なごみ)」】坂本年男さん和子さんが【人生の楽園】に登場!場所は?

高知県奈半利町【農家食堂まえまき・米ヶ岡米の夫婦(めおと)どぶろく「年(ねん)・和(なごみ)」】坂本年男さん和子さんが【人生の楽園】に登場!場所は?

高知県奈半利町で農家食堂「まえまき」を営み、米ヶ岡米をつかったどぶろく「年(ねん)・和(なごみ)を造る坂本年男さん和子さん夫妻が、2019年6月22日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2019年6月22日水無月の四
高知・奈半利町
~ 未来につなぐ棚田のどぶろく ~

次回は高知県奈半利町が舞台。故郷を元気にしたいと、どぶろく造りを始めた坂本年男さん(68歳)と妻の和子さん(67歳)が主人公です。
美しい棚田が広がる、奈半利町の米ヶ岡地区に生まれた年男さんは農業学校で出会った和子さんと19歳の時に結婚しました。いつも故郷の活性化を願っていたお二人。農業や新聞販売業の傍ら、無料の乗馬体験や、野根山街道の散策ツアーといった米ヶ岡に人を呼び込む活動を続けてきました。しかし、昭和30年代には150人近くいた米ヶ岡の人口は10人ほどに、田んぼは3分の1に減少してしまいました。「この地に若者を呼び込み、棚田の姿を未来に残したい」と考えた年男さんは地域の活性化を目指して、どぶろく造りを決意しました。奈半利町にどぶろく特区の申請を働きかけるとともに、製造元に飛び込みノウハウを学んだお二人は、2018年11月にどぶろくの製造免許を取得。自分たちの育てた米ヶ岡米で造った、どぶろくの販売をスタートしました。
年男さんと和子さんの一日の始まりは午前2時。朝刊にいれる広告の折り込み作業です。お二人の平均睡眠時間は4時間。明け方まで新聞の配達作業が続きます。夜が明けると、年男さんは街頭へ。午前7時半から、交通安全の指導員として通学路の交差点を見守ります。実は16年前から地域の役に立てばと、ボランティア活動を行っているのです。
故郷・奈半利町の目の前は美しい海。「ふるさと海岸」には浅瀬に70種類ものサンゴが広がっています。普段忙しい毎日を送る年男さんですが、たまの息抜きにはここでスキューバダイビングを楽しんでいます。
故郷を元気にしようとどぶろく造りを始め、様々なことに挑戦している年男さんと和子さん。お二人の日常と、応援してくれる家族や友人たちとの交流を紹介します。

人生の楽園

「米ヶ岡米の夫婦(めおと)どぶろく「年(ねん)・和(なごみ)」はどんなどぶろく

米ケ岡地区特産のコメをつかったどぶろくで、「年」が辛口、「和」が甘口の2種類。価格は720ミリリットル入りで1本1700円(税抜)。購入は、奈半利駅物産館「無花果(いちじく)」や、坂本が営む「農家食堂まえまき」で販売している。また、奈半利町のふるさと納税の返礼品にもなっているそうです。

坂本年男さん和子さんが営む 農家食堂「まえまき」

商工会

農家食堂「まえまき」の場所

農家食堂「まえまき」店舗情報

  • 場所:安芸郡奈半利町1719-1 地図
  • お問い合せ:電話0887-38-3155

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で