福島県塙町の廃校小学校カフェ【ふるさとカフェ 矢塚分校】佐藤秋江さん操さんが【人生の楽園】に登場!場所は?


福島県塙町の廃校小学校カフェ【ふるさとカフェ 矢塚分校】佐藤秋江さん操さんが【人生の楽園】に登場!場所は?

福島県塙町で廃校「ふるさとカフェ 矢塚分校を営む佐藤秋江さん操さん夫妻が、2020年1月18日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2020年1月18日(睦月の参)テレビ朝日「人生の楽園」の放送内容は、廃校した母校の小学校をカフェに「福島・塙町~ 想いつなぐ 山の分校カフェ ~」。

カフェは、福島県南東部の山間にある里塙町で標高700mの高台にあります。カフェの名前は「ふるさとカフェ 矢塚分校」。廃校した母校の小学校でカフェを始めたのは佐藤秋江さん(70歳)。夫の操さん(68歳)は林業の傍ら自宅の畑の整備や収穫などを手伝い応援しています。

秋江さんは塙町矢塚区で生まれそだちました。こどものころ創立5年目の片貝小学校の矢塚分校に入学。中学を卒業し、31歳の時で操さんと結婚。2人の子どもが独立したあとは夫婦2人でのんびりと暮らしていました。

そんなある日、秋江さんの母校の矢塚分校が廃校になると聞きます。そして、「みんなの思い出がいっぱい詰まった学び舎を残したい!」と思った秋江さんは、矢塚区に住むお母さんたちと校舎をのこすため「ふるさとカフェ 矢塚分校」を2017年にオープンします。

秋江さんを含め6人のお母さんで運営している「ふるさとカフェ 矢塚分校」。職員室や教室が客席、黒板にはメニューが書かれ、廊下には矢塚分校の思い出の写真、卒業生の絵画を展示しています。

メニューは、秋江さんの手打ちうどんでつくる「鍋焼きうどん」、自家製こんにゃくと野菜がたっぷりのけんちん汁をかけた「けんちんうどん」。モチモチ感と優しい母の味が人気のメニューとなっています。また、遠藤さんが作るパンも、1日に100個以上売れることがある人気メニューです。

カフェには、人気メニューを楽しみに県外からのお客さんや卒業生も訪れます。

映像では、思い出の詰まった小学校の分校を残し、温かなカフェを始めた秋江さんと、応援する操さんご夫婦の日々の頑張りと、地域との交流が紹介されます。

「ふるさとカフェ 矢塚分校」はどんな店

「ふるさとカフェ 矢塚分校」は、標高700メートルにある廃校となった矢塚分校をかつようしたカフェです。 集落の仲間たちの手で、ふるさとカフェとして生まれ変わり、 標高700メートルで採れた新鮮な野菜をつかい集落のお母さんたちがほっこりする料理を提供しています。山と畑のめぐみを山里の自然の美味しい空気といっしょに味わうことができるカフェです。

「ふるさとカフェ 矢塚分校」は、標高700メートルにある廃校となった矢塚分校をかつようしたカフェ

「ふるさとカフェ 矢塚分校」の場所

「ふるさとカフェ 矢塚分校」店舗情報

  • 場所:〒963-5521 福島県東白川郡塙町大字那倉矢塚1 地図
  • 営業日:土・日
  • 営業時間:11時00分~15時00分
  • お問い合せ:
    090-3125-3644
    090-9391-5431
  • ホームページ
  • フェイスブック

テレビ朝日「人生の楽園」 番組データ

テレビ朝日「人生の楽園」 毎週土曜 よる6時00分放送 <楽園の案内人>西田敏行、菊池桃子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で