【人生の楽園】に場所は東京都国分寺市【2020年秋新店舗回転オープン「カフェおきもと」】店主 久保愛実さん・洋館主 沖本京子さんと智子さん姉妹が登場!昭和7年建築の貴重な洋館!クラッシック音楽の鑑賞会・ランチ・カフェも人気!


東京都国分寺市【2020年秋新店舗回転オープン「カフェおきもと」】店主 久保愛実さんが【人生の楽園】に登場!場所は?

東京都国分寺市 2020年秋新店舗回転オープン「カフェおきもと」を営む 久保愛実さんが、2020年11月14日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2020年11月14日(霜月の弐)テレビ朝日「人生の楽園」の放送内容は、「東京・国分寺市~ お母さんが守る洋館カフェ ~」で久保愛実さん(53歳)が紹介されます。

東京都国分寺市、閑静な住宅街に木立に囲われたかたすみに、近隣住民もこれまでその存在を知らない古い洋館。洋館は荒れ果てていたが、庭の木を伐採、古びた洋館を整備修繕、2020年秋「カフェおきもと」カフェとしてオープンした。この洋館は沖本姉妹が暮らしていた邸宅で昭和7年に建築されたという貴重な洋館。久保家が沖本さんの家の隣に引っ越してきたところから久保家が受け継ぐことになる。

久保愛実さんは、横浜市出身。医療予備校の職員時、生徒の幸祐さんと出会い結婚、2人の娘に恵まれる。その後、幸祐さんの勤務する病院に近い国分寺市マイホームをもうけ引っ越しした。そこで¥出会ったのが、隣の洋館に暮らす沖本京子さんと智子さん姉妹だった。その後交流が深まり、食事や旅行に行くなど、家族のような関係になっていく。

長年、沖本さん姉妹は姉は医師、妹はピアノ講師として父が大切にしてきたこの家を守ってきた。沖本さん姉妹は90歳を超え、愛美さんの献身的な介護のなか「家を継いでほしい」と懇願されるようになった。姉妹の思いを知るにつれ、受け継ぐ決心。だが家の修繕費用の見積りは1億円以上試算に。取り壊すしかないと思っていたが大工さんや、歴史に詳しい人達が訪れ、戦前から手を加えずに保存されている建物の重要性・貴重、二度と再現できない建築法である事などを教える。そのなかで家の守り人となって次の世代に残していこうと決意し、維持費を得るため今年10月カフェをオープンすることになった。姉妹への思いを込め「カフェおきもと」と名付ける。

お店の経験のない愛美さんはカフェ専門学校でまなび、恩師と相談のうえ洋館に合うエキゾチックな洋食ランチ、多様なスイーツやドリンクを用意し、お客さんに洋館での時間を楽しんでもらえるお店にする。

お店開業前に難病を患った愛美さん。一度は死を覚悟し「家をまもり次に繋げたいと」決心を熱く語る。今回は、素敵なと洋館と愛美さんに導かれ集い交流する人々が紹介される。必見!

「カフェおきもと」

カフェおきもとは、国分寺市に残る昭和初期の洋風建築「沖本邸」を修繕オープンしたお店。別荘庭園からなる600坪の敷地には、先代が愛してやまない風情のある静寂の極みが漂う。お店では、クラッシク音楽の鑑賞会「ボワのつどい」などを主催し音楽文化の発信にも取り組む。先代の遺し繋いでいく想いを受け継ぎ、カフェとして復活。建物の意匠、庭の自然、そしてお料理を楽しみながら、心地よいひとときをお過ごせる。

「カフェおきもと」の場所

「カフェおきもと」店舗情報

  • 場所:〒185-0033 東京都国分寺市内藤2丁目43−9 地図
  • 営業時間:11:00-16:00
  • お問い合せ:042-572-1234
  • カフェおきもと 公式サイト:https://cafeokimoto.wixsite.com/index
  • カフェおきもと 公式インスタグラム:https://instagram.com/cafe_okimoto/

テレビ朝日「人生の楽園」 番組データ

テレビ朝日「人生の楽園」 毎週土曜 よる6時00分放送 <楽園の案内人>西田敏行、菊池桃子

  • テレビ朝日「人生の楽園」公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で