千葉県山武市ピザ屋【BaBaピザ(ババピザ)】橋本京子さんが【人生の楽園】に登場!場所は?


千葉県山武市房総半島九十九里浜ピザ屋【BaBaピザ(ババピザ)】橋本京子さんが【人生の楽園】に登場!場所は?

千葉県山武市房総半島九十九里浜ピザ屋「BaBaピザ(ババピザ)を仲間と営む橋本京子さんが、2019年3月14日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2020年3月14日(弥生の弐)テレビ朝日「人生の楽園」の放送内容は、「千葉・山武市~ 笑顔満開 ばあちゃんピザ ~」で平均年齢75歳の仲間と一緒にピザ屋を始めた橋本京子さんが紹介されます。橋本京子さんは、旧蓮沼村(現在の山武市蓮沼)出身。洋裁の専門学校を卒業後、青年会の活動で夫和信さんと出会い21歳で結婚。子どもに恵まれます。しかし、夫の和信さが45歳で、長男の信吾さんが27歳でなくなり、自身もくも膜下出血の大病を経験。主婦仲間で「笑(しょう)の会」を立ち上げ地域活動に力を入れ元気をとりもどしていった京子さん。大病の退院後は体力作りにと仲間とはじめたグラウンドゴルフをはじめ、そのグラウンドゴルフでつかう休憩小屋を建てたときにピザ用の薪窯もつくりピザを焼いてはみんなに振る舞っていました。そのピザが美味しいと評判になり、みんなでピザ屋を始めようと話が決まります。そうして市の施設を借り、2019年6月「BaBaピザ(ババピザ)」をオープンしました。店名の由来は、平均年齢が75歳と高齢者ということから「婆(ばば)」をローマ字表記にしたものです。「BaBaピザ(ババピザ)」は「笑の会」のメンバー6人で運営。金、土、日の週末3日間の営業。ピザに使う食材は、九十九里浜で獲れたハマグリ、水をかけ栽培する山武市の特産品「海水ネギ」とイワシをつかったピザで話題に。映像では、夫と長男の早過ぎる死、そしてじ自身の大病とむきあい、BaBaピザという楽しみに生きがいを見出した橋本京子さんと仲間の日々の暮らし奮闘が商会されます。

千葉県山武市「BaBaピザ(ババピザ)」はどんな店

千葉県山武市「BaBaピザ(ババピザ)」は、平均年齢75歳の女性グループが開業したピザ店。店名の由来は「ババアがやっているから」と「BaBaピザ」としてる。地元野菜のネギをはじめ、海で採れるハマグリなど地元の食材をつかい人気のピザ屋となっている。テーブル三つ11席ほどの店内。お店は、老人会でボランティア活動でしりあった仲間で運営。老人会の催しで手作りピザを作ったことにヒントを得ている。

お店の看板は地元アーティスト「バルサミコヤス 大抽選会」によるもの。

千葉県山武市「BaBaピザ(ババピザ)」の場所

千葉県山武市「BaBaピザ(ババピザ)」店舗情報

  • 場所:〒289-1806 千葉県山武市蓮沼ハ103 地図
  • 営業日:金・土・日
  • 営業時間:11:00~15:00
  • お問い合せ:090-8343-7261

テレビ朝日「人生の楽園」 番組データ

テレビ朝日「人生の楽園」 毎週土曜 よる6時00分放送 <楽園の案内人>西田敏行、菊池桃子