【人生の楽園】場所は茨城県笠間市【栗のタルトケーキ・栗おこわ・栗料理・カフェ 入やなわぁ工房】橋本明子さん大敬さんが【人生の楽園】に登場!笠間のくり生産直売 笠間の栗販売


茨城県笠間市【栗のタルトケーキ・栗おこわ・栗料理・カフェ 入やなわぁ工房】橋本明子さん大敬さんが【人生の楽園】に登場!場所は?

茨城県笠間市「栗のタルトケーキ・栗おこわ・栗料理・カフェ 入やなわぁ工房を営む橋本明子さん大敬さが、2021年11月20日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2021年11月20日霜月の参 テレビ朝日「人生の楽園」の放送内容は、「茨城県笠間市~栗に恋する 栗づくしカフェ~」で橋本明子さん(59歳)と夫の大敬さん(63歳)が紹介されます。

次回は茨城県笠間市が舞台。栗農家を営みながら栗のおいしさを知ってもらいたいと、加工品作りとカフェを始めた橋本明子さん(59歳)と夫の大敬さん(63歳)が主人公です。
茨城県の農家の末っ子として生まれた明子さん。19歳の時、当時アルバイトをしていた市役所で、職員として働いていた大敬さんと出会い結婚。大敬さんは市役所勤務の技術職、明子さんは医療関係の仕事をしながら3人の子供を育てました。栗農家の長男だった大敬さんは50歳を過ぎた頃、両親の後を継ぐことを決意、明子さんと共に農業を学び始めます。おいしい栗を育てることに妥協しない義父母の姿を見てきた明子さんは、「この栗の味を知ってもらうカフェができないか」と思うように。こうして2019年、定年退職した大敬さんと、早期退職した明子さんは自宅の納屋を改装し、『入やなわぁ工房』をオープンしました。
栗の収穫期は大忙し。長女・奈苗さんや大敬さんの姉・敏子さん、ご近所のお仲間にも手伝ってもらい、みんなで朝から栗拾いです。大敬さんは大きな栗を見つけると「やった!」と幼い頃に帰ったように嬉しくなると言います。明子さんも利平栗のことを「りーちゃん!」と呼ぶほど可愛がり、愛情いっぱいに育てています。
収穫した栗は明子さんが手間暇かけて栗料理に。義母から教わった「栗おこわ」は、調味料を使わず炊き上げるので、栗の優しい甘さが口いっぱいに広がります。また、大敬さんが作るコシヒカリの米粉を使ったタルト生地に、大きな栗を詰め込んだ「栗のタルトケーキ」も自信作です。
愛情いっぱいに栗を育て、栗づくしのカフェを営む明子さんと大敬さん。そんなご夫婦を支える家族の絆や、明子さんの栗料理を楽しみに足を運んでくれる地域の皆さんとの交流をご紹介します。

「カフェ 入やなわぁ工房」はどんな店

「入やなわぁ工房」は祖父の代から栗の木を植え、50年近く栽培を続ける農家。お客様からの声に耳を傾け、より安全で良いものを安定的に届けるという使命を持って栗作りを進めている。

お店では、収穫した栗を一粒も無駄にすることなくすべて活用し、栗ご飯は食べたいけれど力がなくて栗が剥けない高齢者のため、渋皮煮は食べたいけれど時間がかかって作れない仕事をもった女性のため、ストレスフリーな生栗を直売所やカフェで販売している。

主な製品:生くり・くり加工品(渋栗・焼菓子)・お米・もち米・おかき

「カフェ 入やなわぁ工房」の場所

「カフェ 入やなわぁ工房」店舗情報

紹介料理メニュー

テイクアウト:
・栗おこわ 550円 ※要予約
・栗のタルトケーキ(ホール) 2,530円 ※要予約
・栗の渋皮煮(1個) 390円
・栗の甘露煮(1個) 170円

カフェメニュー:
・栗おこわとけんちんセット 1,300円 ※要予約

  • 場所:〒309-1734 茨城県笠間市南友部1016 地図
  • お問い合せ:090-8580-3273
  • 公式ホームページ

テレビ朝日「人生の楽園」 番組データ

テレビ朝日「人生の楽園」 毎週土曜 よる6時00分放送 <楽園の案内人>西田敏行、菊池桃子
  • テレビ朝日「人生の楽園」公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で