【人生の楽園】に山梨県市川三郷町【古民家 農家民宿 農泊 ちかはぎ空の家 Kuuhouse(ちかはぎくうのいえ)】鈴木美樹さん夫の啓太さん美樹さんの母 青柳勇子さんが登場!場所は?


山梨県市川三郷町で「古民家 農家民宿 ちかはぎ空の家(ちかはぎくうのいえ)を営む鈴木美樹さん夫の啓太さん美樹さんの母 青柳勇子さんが、2021年5月1日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2021年5月1日(皐月の壱)テレビ朝日「人生の楽園」の放送内容は、「山梨・市川三郷町~山里を体験 古民家の宿~」として紹介されます。

山梨県市川三郷町にある山間にある近萩集落で古民家の農家民宿を始めた鈴木美樹さん(55歳)、夫の啓太さん(55歳)、美樹さんの母、青柳勇子さん(80歳)ご家族。

標高約600メートル、空気が澄んだ山間部ではじめた始めた宿。豊かな自然におおわれ、山菜が収穫、野生の動物にもであえる。そして眼下には町が広がる絶景。

美樹さんは市川三郷町出身。高校卒業後に上京しフラワーデザインスクールに通い、その後都内の生花店に就職。母の勇子さんは昔からの夢の実現のため、近萩集落の古民家を借りて一人住んでいた。最初は反対していた美樹さん。しかし母のもとを訪れ自然に触れる度、山里暮らしの素晴らしさを感じるように。

2008年に、夫の啓太さんは夫婦で近萩集落に移住する。勇子さんは膝の手術をきっかけに近くの新しい家に引っ越すことになり空き家となった古民家を守りたいと、民宿のオープンを思い立った美樹さんは、啓太さんに相談、2019年4月、愛犬“空 (くう)”の名前から命名した農家民宿「ちかはぎ空(くう)の家」をオープンする。農家民宿「ちかはぎ空(くう)の家」の魅力は、近萩集落の人たちと交流。住民も里に活気が生まれるならと協力。

今回映像では、親子で民宿を始めた家族の、笑いの絶えない山里暮らしと、宿を訪れる方たちとの交流が紹介される。必見!

「古民家 農家民宿 農泊 ちかはぎ空の家 Kuuhouse(ちかはぎくうのいえ)」はどんな店

心地よさとアートが融合する古民家宿で、忘れられた時間に還る旅。東京からは中央道経由で約2時間。名古屋からも中央道経由で約3時間のところにある農林漁業滞在型民宿(農泊)「ちかはぎ空の家」。2019年に開業、親子3人で営んでいる。築150年を越す古民家をリノベーション、多くの人に愛され続ける家(宿)。

「古民家 農家民宿 農泊 ちかはぎ空の家 Kuuhouse(ちかはぎくうのいえ)」の場所

「古民家 農家民宿 農泊 ちかはぎ空の家 Kuuhouse(ちかはぎくうのいえ)」店舗情報

テレビ朝日「人生の楽園」 番組データ

テレビ朝日「人生の楽園」 毎週土曜 よる6時00分放送 <楽園の案内人>西田敏行、菊池桃子

  • テレビ朝日「人生の楽園」公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で