埼玉県鴻巣市【笑顔が弾む 夫婦の音楽カフェ~音音かふぇ(おとねかふぇ)カフェのランチメニューおまかせデザートセット】横田日登子さんさん健さん夫妻が【人生の楽園】に登場!場所は?


埼玉県鴻巣市【笑顔が弾む 夫婦の音楽カフェ~音音かふぇ(おとねかふぇ)】横田日登子さんさん健さん夫妻が【人生の楽園】に登場!場所は?

埼玉県鴻巣市で 「音音かふぇ(おとねかふぇ)を営む が、2022年5月14日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2022年5月14日皐月の弐 テレビ朝日「人生の楽園」の放送内容は、「埼玉県鴻巣市~笑顔が弾む 夫婦の音楽カフェ~」で が紹介されます。

埼玉県鴻巣市で音楽カフェ『音音かふぇ(おとねかふぇ)』を始めた、横田日登子さん(63歳)と頼もしい相棒、夫の健さん(62歳)が今回の主人公です。
福岡県生まれの日登子さんは、9歳の時に埼玉県上尾市に移住。高校2年生の頃には後に夫となる健さんに出会いましたが、当時は接点を持つこともなく卒業します。卒業後、地元のテニスコートで偶然再会したことをきっかけに交際をスタート。27歳の時に結婚し、2人の子供が生まれました。その後、日登子さんは小学校の教師として、健さんは会社員として力を合わせ、忙しくも幸せな家族生活を送っていました。そんな2人に転機が訪れたのは8年前のこと。次男の祐真さんが自転車事故により21歳の若さで亡くなったのです。
深い悲しみに襲われ、日常生活もままならなかった日々の中で、日登子さんは36年間勤めていた教員の仕事を退職することに。そんな辛い時に日登子さんを慰めてくれたのが音楽でした。空白を作りたくない一心で始めたサックス、ジャズピアノやギターなど、様々な楽器を習得する中で、心の傷を癒してくれる音楽の力を実感しました。その思いがカフェ作りにつながったのは、お墓参りに来てくれた祐真さんの友達の前でつい口にした「カフェをやるから遊びにおいで」の一言。その言葉が日登子さんの中で段々大きくなり、「好きな音楽を軸に、みんなが集まれる場所を作りたい」という夢となったのです。そして2018年、祐真さんの誕生日でもある11月18日に『音音(おとね)かふぇ』をオープンしました。店名は、「おとおと」とも読めることから、音楽と次男(弟)を掛け合わせて名付けました。半年後、会社に通っていた夫の健さんも妻の支えになりたいと退職し、カフェに合流したのです。
カフェのランチメニューは、週ごとにメインが変わる「ランチセット」。スープ、サラダ、飲み物付きで、おウチご飯の懐かしい味です。カフェの名物は火曜日の午後2時から注文できる「おまかせデザートセット」。日登子さん手作りのスイーツが数種類とフルーツが盛り盛りに添えられているのが特徴です。健さんが丁寧に入れる美味しいコーヒーもお客さんたちから好評です。そして、『音音カフェ』ならではの様々な音楽イベントも常連客を魅了させています。
悲しみを癒す音楽の力で「ゆったりとしたひとときを過ごしてほしい」とカフェを始めた日登子さんと健さん。音楽あふれるカフェで過ごす夫婦の日常と共に

「音音かふぇ(おとねかふぇ)」はどんな店

音楽を楽しみたい、コーヒーの香りに包まれゆったりとした時間を過ごしたい。そんな思いをぜひ音音かふえで。

「音音かふぇ(おとねかふぇ)」の場所

「音音かふぇ(おとねかふぇ)」店舗情報

テレビ朝日「人生の楽園」 番組データ

テレビ朝日「人生の楽園」 毎週土曜 よる6時00分放送 <楽園の案内人>西田敏行、菊池桃子
  • テレビ朝日「人生の楽園」公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/