宮崎市ビール醸造所【ブルーパブ青空エール】前田康生さんと由美子さんが【人生の楽園】に登場!場所は?マンゴー果汁ビール「マンゴーエール」って?

記事はここから

宮崎市ビール醸造所【ブルーパブ 青空エール】前田康生さんと由美子さんが【人生の楽園】に登場!場所は?

宮崎市でビール醸造所「ブルーパブ 青空エールを営む前田康生さんと由美子さん夫妻が、2018年7月14日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

宮崎市内でビール醸造所を併設するパブ「青空エール」。お店を営む前田康生さんは、ビール好きから自分でビールづくりしてお店を開くことを考え、定年退職後、夢の実現に向け動きだします。

2017年1月に宮崎市の歓楽街「ニシタチ」のはずれ、レトロは雰囲気の「青空市場」に、手作りビールが味わえるお店「ブルーパブ青空エール」をオープンされました。

今回の映像では、ビール大好き前田さんとそれを支える奥さんのお店を通した暮らしが紹介されるそうですよ!

2018年7月14日文月の弐
宮崎・宮崎市
~ 手づくりビールで乾杯 ~

次回は、宮崎市でビールの醸造所を併設するブルーパブ「青空エール」を始めた前田康生さん(63歳)と由美子さん(60歳)が主人公です。
宮崎県出身の康生さんは大学卒業後、県庁に就職し、観光などを担当しました。30歳の時に県の物産館で働いていた由美子さんと結婚、長女彩帆さんが生まれました。
康生さんは、かねてからビールが大好きでした。ある時、ビールを手造りして販売できることを知り、オリジナルのビールを提供する店をやりたいと考えます。由美子さんにはそのことを伝えられずにいましたが、現在の店となる物件を見つけ、初めてブルーパブをやりたいと由美子さんに伝えました。そして由美子さんの理解を得られた康生さんは、60歳で定年退職すると開店準備を進め、2017年1月にブルーパブ「青空エール」をオープンしました。
ビールの仕込みは朝8時からおよそ9時間に及びます。なるべく地物を使いたいという思いから、副原料には宮崎県産の日向夏やハーブを使っています。今回は新たにマンゴーの果肉を使った「マンゴーエール」も試作しました。
由美子さんは忙しい時に厨房に立ち、康生さんを支えています。店を開くことは事後報告でしたが、康生さんが本気で頑張っているので応援したくなると言います。
定年退職後、夢のブルーパブを開いたビール大好きな夫と、そんな夢に突き進む夫を支える妻の暮らしぶりを紹介します。

スポンサーリンク

ビール醸造所「ブルーパブ青空エール」はどんな店

初めまして。青空エールの前田と言います。私はビールが大好きです。あるとき雑誌で埼玉県小川町でブルーパブを開業した馬場さんと言う方の記事を読みました。
小規模の投資でビールを造って飲ませる店が出来るということを知り、その後馬場さんの元を訪ね話しを聞き、以来、高円寺麦酒館さん、銀座八蛮さん、葵ブルーイングさん、門司港ビールさん等を訪ね、ブルーパブの様子を見聞きしました。
そして自分のセカンドライフとして宮崎の人、宮崎の来訪者が訪れて、クラフトビールを楽しんでもらう場所を作りたいと思いました。
これまでの仕事が一区切りした2016年4月、宇都宮ブルワリーの横須賀さんのもとを訪ね修行させてもらいビール造りとブルーパブ経営のノウハウを学び出店の準備を進めました。

当店の店構えは、宮崎県最大の繁華街である橘通りにあり、一人のチョイ飲み、語らいの場、グループでの盛り上がりの場など様々に楽しめる場所です。
全国にある美味しいクラフトビールに負けない宮崎市橘通産のクラフトビールを作りそれに合う美味しい料理を揃え、 たくさんの人が訪れ楽しめる場所にしたいと思います。

【青空エールの名前の由来】
青空エールは、昭和25年、宮崎県初のショッピングモールとして登場した青空市場(マーケット) の南の一角にあります。そこで作るエールビールということで青空エールと名付けました。

宮崎へのこだわり

私は、宮崎を愛し、宮崎を応援します。宮崎にはゆったりとした空間と時間があります。人も自然も優しく地元獲れの新鮮で豊富な食材は、美味しくて安いです。
青空エールは、宮崎に住む人、宮崎を訪れる人、どちらにも宮崎の良さをもっと分かってもらい“なかなか宮崎も捨てたものじゃない”と思ってもらえるような店にしたいと思っています。どうかこれらの思いを込めた橘通産の美味しいクラフトビールと県産の食材によるフレッシュ料理をお楽しみください。

開店時間のこだわり~背徳の昼呑み
青空エールは、午後早くから開店します。ビール以外のノンアルコール飲料として直挽きコーヒーやハーブティーも提供し、ビア&カフェ的感覚でも楽しんでいただく場所にして昼呑みの楽しみを味わえる場所にしたいと思っています。

お店の沿革

  • 2016年5月20日に資本金400万円で橘ブルワリー合同会社を設立
  • 発泡酒免許申請 6月7日に宮崎税務署に発泡酒免許申請
  • ビール工房設置工事着手予定 8月中旬着工
  • 社名変更及び増資 9月に青空エールと社名変更 1,000万円に増資
  • 発泡酒免許取得 11月7日に宮崎税務署長から免許交付
  • 仮オープン 2017年1月10日に仮オープンしました

ビールメニュー

ペールエール

  • 本場イギリス産のエール麦芽のみのモルトを使い、副原料に使用する県内産のユズ、レモン等の柑皮のシトラスの香り漂う、すっきりとした味わいの薄い小麦色のビールです。

ブラウンエール

  • エール麦芽に、褐色系のクリスタル麦芽をブレンドして挽いたモルトを使用し、副原料に直挽きコーヒーや県内産ハーブ等を使った優しい味わいのあるビールです。

バイツェン・小麦ビール

  • エール麦芽とイギリス産小麦麦芽をブレンドして挽いたモルトでバイツェン用酵母を使用し、小麦の風味とフルーティな香り漂うビールです。

レッドエール

  • 焙煎麦芽のメラノイジン由来の微燻製の香りも漂うクラシカルな雰囲気に仕上がっています Abv.4.8~5.0

ビターエール

  • 強く焙煎したチョコレートモルトによるマイルドな苦みがあるクラフトビールです Abv.4.8~5.0

シードル

  • 青森産りんごの香り立つフルーティなスパークリング果実酒です Sサイズでどうぞ Abv.4.2~4.8

マンゴーエール

  • 宮崎県産のマンゴー果汁の香りと甘みが、ホップの軽い苦みとほど良く絡み合うフルーツビールです Abv5.8

そのほかのアルコールドリンク



ビール醸造所「ブルーパブ青空エール」の場所

スポンサーリンク

口コミ


ビール醸造所「ブルーパブ青空エール」店舗情報

  • 場所:〒880-0001 宮崎県宮崎市橘通西2丁目7-7 2F アレグリア277ビル 地図
  • 営業日時間:
    【火曜~金曜】15:00~23:00
    【土曜】13:00~23:00
    【日曜】13:00~20:00
    ※予約対応可能な場合あり。
    ※お昼間の時間(~16:00)は食べ物の持ち込みOK。ただし持ち込まれたものはお持ち帰り。
  • 定休日:月曜日
  • お問い合せ:電話0985-86-9252
    メール:brewpub.aozora@gmail.com
  • ホームページ
  • フェイスブック
  • インスタグラム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で