熊本県南阿蘇村・阿蘇白川駅舎カフェ 【Café 75th St. セブンティフィフス ストリート】キザキ真理子さんアキトシさんが【人生の楽園】に登場!場所は?

記事はここから

熊本県南阿蘇村 駅舎カフェ 【Café 75th St. セブンティフィフス ストリート】 キザキ真理子さんアキトシさんが【人生の楽園】に登場!場所は?

熊本県南阿蘇村で駅舎カフェ「Café 75th St. セブンティフィフス ストリートを営むキザキ真理子さんアキトシさん夫妻が、2018年8月25日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2018年8月25日葉月の四
熊本・南阿蘇村
~ ひまわり咲く駅舎カフェ ~

舞台は熊本県南阿蘇村。この村にある無人駅で、5年前にカフェをオープンしたキザキ真理子さん(65歳)と夫のアキトシさん(66歳)が主人公です。
南阿蘇村に生まれた真理子さんは短大を卒業後、熊本市内のタクシー会社に就職しました。その後、2度の離婚を経験しながらも、一人娘を育てあげます。子育てが一段落した50歳の時、知り合いからアメリカに住むアキトシさんを紹介され、2人はメールで文通を始めました。1年後、真理子さんはアキトシさんと結婚し、アメリカ・ネブラスカ州へと渡ります。アメリカでは持ち前の明るさで楽しい日々を過ごしました。そして2010年、アキトシさんの退職を機に、2人は真理子さんの故郷である南阿蘇村にUターン。2012年には、真理子さんの実家の敷地に住居兼店舗を建設し、カフェとアメリカン雑貨のお店を始めました。
店名は、「Café 75th St.(セブンティフィフス ストリート)」。アメリカで暮らした思い出の場所から名付けました。しかし、オープンからわずか3カ月、豪雨による土砂崩れで、住居兼店舗が全壊してしまいます。その後、阿蘇白川駅前の空き家に入居したキザキさん夫婦は、駅舎内の店舗が空くことを知り、2013年にテナントとして入居し、カフェを再オープンしました。
店の再開から3年が経った2016年、今度は大地震が熊本を襲い、南阿蘇鉄道は全線運休に。それでも真理子さんは、地震発生から5日後にはカフェを開け、温かい食事で近所の人たちを励ましました。現在は、南阿蘇鉄道も一部区間で運転を再開し、少しずつ町に観光客が戻ってきました。真理子さんはもっと地域を盛り上げようと、駅舎の待合室をギャラリーにしたり、仲間たちと駅の周辺にひまわりを植えるなどの活動を行っています。そしてこの夏には、地域の方たちがマルシェを開く「南阿蘇ひまわりフェスタ」を開催。この日に合わせて運行された特別列車「ひまわりトロッコ」に乗車した多くのお客さんたちが会場に足を運びました。
2度の災害を乗り越え、無人駅でカフェを営むキザキ真理子さん、アキトシさんご夫婦。2人を支える故郷の仲間や、大自然を求めて訪れるお客さんとの交流を紹介します。

人生の楽園

「熊本県南阿蘇村」はどんなとこ?

南阿蘇村は熊本県北東部、阿蘇山・阿蘇カルデラの南部の南阿蘇地域に位置する村。

ウィキペディア

村の歴史

合併までの経緯
3村(白水村、久木野村、長陽村)が合併に至る背景には、少子高齢化の進展や、行政ニーズの多様化など、村行政に新しい対応が求められてきていた事があげられます。3村は地理的、文化的、住民生活上もつながりが深く、ひとつの村になることは行政基盤の充実を図るためにも不可欠でした。
そういった経緯を受けて、平成14年10月10日南阿蘇3村合併推進協議会(任意協議会)が設立され5回の協議を重ねて、平成15年4月1日南阿蘇3村合併協議会(法定協議会)を設立。将来のビジョンを描く新村建設計画などの協定項目の審議を重ね、熊本県知事立ち会いのもと平成16年6月11日南阿蘇3村合併協定の調印。平成16年7月2日県知事へ合併申請書提出。その後各3村議会で廃置分合が議決され、平成17年2月13日南阿蘇村が誕生しました。

旧3村の歴史

白水村は、明治3年(1870年)藩政改革以降、明治9年「郡区町村編成法」の施行により、両併村、白川村、吉田村、一関村、中松村の5行政区となり、明治22年の市制町村制の施行に伴い、合併して「白水村」が誕生しました。その後は、合併などを行うことなく現在に至っています。
久木野村は、明治3年(1870年)藩政改革以降、明治9年「郡区町村編成法」の施行により、河陰村、久石村の2行政区となり、明治22年の市制町村制の施行に伴い、合併して、「久木野村」が誕生しました。その後は、合併などを行うことなく現在に至っています。
長陽村は、明治3年(1870年)藩政改革以降、明治9年「郡区町村編成法」の施行により、河陽村、長野村、下野村の3行政区となり、明治22年の市制町村制の施行に伴い、合併して、「長陽村」が誕生しました。その後、昭和31年に、当時の菊池郡瀬田村から立野地区を分村編入して現在に至っています

https://www.vill.minamiaso.lg.jp/

「駅舎カフェ Café 75th St. セブンティフィフス ストリート」はどんな店

アメリカに住んでいました。アメリカ在住中に集めたファイヤーキングやパイレックス、雑貨をガレージを改装したお店で展示販売しています。また料理が大好きで、レストランを始めました。自分で育てたオーガニックの野菜を中心に使っていきます。お出しする料理はアメリカ家庭料理が中心です。マクロビオテックも少し取り入れながら、健康に気を使ったものを供して行きたいと思ってます。 去年、九州北部豪雨で家が流されました。今は阿蘇白川駅でカフェを、駅のまん前の家でアンティークを営業しています。 アンティークの食器、グラスでお料理を出しています。

お店の名前 アメリカンダイナー 75th St.『セブンティ フィフス ストリート』

電話番号 080-3909-8631 住所 阿蘇郡南阿蘇村大字白川319-3




「駅舎カフェ Café 75th St. セブンティフィフス ストリート」場所

「駅舎カフェ Café 75th St. セブンティフィフス ストリート」店舗情報

  • 場所:〒869-1502 熊本県阿蘇郡南阿蘇村白川317 地図
  • 営業日時間:9:30~17:00
  • 定休日:火曜日
  • お問い合せ:電話:080-3909-8631
  • ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で