【人生の楽園・新春スペシャル】2019年1月5日(土)は、長野県大町市パン屋【美麻ベーカリー】吉本淳さん臣子さんが【人生の楽園】に登場!「みあさのミ」とはどんなパン?場所は?


長野県大町市パン屋【美麻ベーカリー】吉本淳さん臣子さんが【人生の楽園】に登場!「みあさのミ」とはどんなパン?場所は?

長野県大町市でパン屋「美麻ベーカリーを営む吉本淳さん臣子さん夫妻が、2019年1月5日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2019年1月5日(土)夜6時放送の「人生の楽園」は新春スペシャル!さらに雄大な北アルプスを望む長野県大町市に移住し、農業をしながら週3日開くこだわりのパン屋さんを始めた、吉本淳さん(54歳)と臣子さん(53歳)夫婦の日常にも密着!!美しい日本の田舎暮らしとは!?

長野・大町市
~ 絶景楽しむ 海暮らし山暮らし ~

2組目、山暮らしの舞台は、長野県大町市。絶景を求めて移住した吉本淳さん(54歳)と妻の臣子さん(53歳)が主人公です。
淳さんが早期退職したのを機に、終の棲家を構えたのは、大町市の美麻地区。東京の家を引き払い、2人でパン屋さんを開きました。お店の名前は『美麻ベーカリー』。パンは天然酵母を使い、小麦本来の味と香りを大切にした素朴なパンが中心で約10種類が並びます。パンの評判は上々、口コミで少しずつお客様が増えています。お店を通じて地域の方たちとの交流も広がっています。
お2人は移住前に、理想とする場所と暮らしを書き出した夢のリストを作っていました。美味しい水に、美味しい空気、スキー場に温泉のことも書いてあり、まさに大町市は理想にピッタリ。書き出した夢の一つ一つが実現しています。
地元の食材をパンに使いたいお2人は、老舗の造り酒屋で購入した酒粕と、美麻地区で育った花豆でパンを焼きます。美麻地区で花豆を特産品にする活動は、地元の中学生たちの授業の一環としてスタートしました。花豆パンの依頼を受けた臣子さんと淳さん。中学生との共同開発にチャレンジしたんです。花豆がカタカナの“ミ”に見えることから、パンの名前は『みあさのミ』。花豆を使って、地域一丸となって活性化を目指しています。
絶景を楽しみながら充実の毎日を送る2組のご夫婦。それを支える地域の仲間や、次の世代の人たちとの温かい交流を紹介します。

人生の楽園

「美麻ベーカリー」

天然酵母で長時間低温発酵させ、国産小麦の風味を楽しめます。
トーストするとさくっとした食感。中はもちもち。毎日食べたくなる味です!(バター等の油脂不使用)

「美麻ベーカリー」場所

「美麻ベーカリー」店舗情報

  • 住所:〒399-9101 大町市美麻3363-5 地図
  • 営業日時:金・土・日 11:00~18:00 ※品切れ次第終了
    (1月~3月金・土 11:00~17:00)
  • 電話:0261-29-2970

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で