新潟県阿賀野市【鳥籠屋 十蔵・カフェ 木いちご】椎野十蔵さん和子さんが【人生の楽園】に登場!竹籠、鳥かご、販売、手入れ、場所は?

記事はここから

新潟県阿賀野市【鳥籠屋 十蔵・カフェ 木いちご】椎野十蔵さん和子さんが【人生の楽園】に登場!竹籠、鳥かご、販売、手入れ、場所は?

新潟県阿賀野市で「鳥籠屋 十蔵・カフェ 木いちごを営む椎野十蔵さん和子さん夫妻が、2018年10月20日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2018年10月20日神無月の参
新潟・阿賀野市
~ 技が生きる竹の鳥籠 ~

次回は新潟県阿賀野市で竹の鳥籠を作っている椎野十蔵さん(66歳)とカフェを営む妻の和子さん(62歳)が主人公です。
阿賀野市の農家で生まれ育った十蔵さんは高校を卒業後、消防署に勤めます。その後、新潟市出身の和子さんと知り合い、25歳の時に結婚。3人の子どもが生まれました。
家業の米作りと消防の仕事に追われ、趣味を持てなかった十蔵さん。日頃から和子さんに「定年後に打ち込める趣味を持って欲しい。濡れ落ち葉になられては困る!」と言われていました。
45歳の時、同僚から勧められ小鳥を飼い始めます。そして、鳥籠自体を作ればそれも趣味の一つになるのではと思い始め、3年間で鳥籠を100個も作りましたが上達しませんでした。そんな時に出会ったのが、栃木県の鳥籠職人の倭文鬼久美(しどりきくみ)さんの作品。繊細で美しい鳥籠に心を奪われました。十蔵さんは工房まで通い、技術を教わりました。2011年、37年勤めた消防署を退職。翌年から自分の作品を販売したいと、「鳥籠屋 十蔵」という名前で活動を始めました。夫が好きなことに没頭出来ると分かり、和子さんも、念願だったカフェを五頭山の麓でオープンしました。
豊かな自然に囲まれた阿賀野市の山里で、鳥籠や行灯などを作って暮らす十蔵さんと、カフェを切り盛りする妻の和子さん。それぞれ充実した毎日を送るお二人と地元の方々の交流の様子を紹介します。

人生の楽園

「鳥籠屋 十蔵」はどんな店

白鳥の飛来地で有名な新潟県阿賀野市(旧笹神村)で居住し、竹製の鳥かごを作っています。

趣味で小鳥を飼育し始めたときから、自作のかごで飼育したいと思い始めました。
初めは青竹で、鳥かごを作り始めてから15年のキャリアを積み思考錯誤を重ね、ようやく販売というところに至りました。

材料の真竹及び孟宗竹は10月以降自ら、佐渡、粟島の県内産を使用し、良品を選抜し、ドラム缶等で煮沸します。
青竹が煮沸することにより年月をかけ使用し、手入れを行うことにより徐々に極上のあめ色に変化するという魅力に感動し、鳥かごを作るという奥深さが私の原点です。
煮沸し油抜きを行い露天で自然乾燥させ、3年間以上乾燥した竹材を使用しています。
底材は主に日光杉の柾目板を使用し、他に桐材や堅木の黒檀、紫檀、桜材なども使用します。

竹製鳥かごは、小鳥にとって羽根や足などにやさしく最も適しています。また、鳥かごはヒゴの太さ、穴ピッチの間隔、寸法の組合せにより何百種類にもなり、小鳥の種類に合わせた形、大きさに作り上げています。

「鳥籠屋 十蔵」の場所

「鳥籠屋 十蔵」店舗情報

「鳥籠屋 十蔵」メディア掲載

カフェ「木いちご」の場所

カフェ「木いちご」店舗情報

  • 住所:〒959-1924 新潟県阿賀野市畑江33ぽっぽ五頭内 地図
  • 営業時間:10:00~16:00
  • 定休日:水曜日・木曜日(冬季休業1月~2月)
  • お問い合わせ:0250-47-5250
  • フェイスブック

カフェ「木いちご」メディア掲載

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で