島根県益田市小浜町【移住暮らし】武藤博道さん乃りさん夫妻が【人生の楽園】に登場!場所は?

記事はここから

島根県益田市小浜町【移住暮らし】武藤博道さん乃りさん夫妻が【人生の楽園】に登場!場所は?

島根県益田市小浜町【移住暮らし】を楽しむ武藤博道さん乃りさん夫妻が、2018年8月18日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2018年8月18日葉月の参
島根・益田市
~ 夫婦の憧れ 海辺暮らし ~

舞台は、島根県の西部に位置する益田市小浜町。この地で憧れの海辺暮らしを満喫する武藤博道さん(68歳)と乃りさん(73歳)が今回の主人公。
東京都の職員をしていた博道さんは、小笠原諸島への赴任を熱望していました。45歳の時に希望が叶い、妻の乃りさんと4年間、小笠原で暮らしました。その後、終の棲家を探していたご夫婦は、益田市の景色に出会います。小笠原にも負けないような海の色に一目ぼれし、2013年に愛猫を連れてご夫婦で移住。憧れの海辺の町で、趣味を満喫する生活が始まりました。
移住して5年、ご夫婦は人の温かさにもじっくりと惚れ込んでいきました。海に出ようと誘ってくれる人、自宅で採れた野菜をお裾分けしてくれる人、得意料理を振る舞ってくれる人など。心強い小浜町の先輩方や、美しい景色に囲まれて毎日が充実しています。
海の景色に魅せられて移住したのどかな町で、憧れのシーライフを手に入れた武藤博道さん、乃りさんご夫婦。お2人の暮らしぶりや、応援してくれる地域の皆さん、漁師仲間との交流の様子を紹介します。

人生の楽園

「島根県益田市小浜町」はどんなとこ?

島根県「益田市」ってどんなところ?
益田市は島根県の西の端に位置し、北は日本海を望み、南は中国山地に至り山々が連なっている自然豊かなまちです。

益田市を流れる清流・高津川はダムのない一級河川で、4年連続で水質日本一になりました(平成18年からの8年間の内6回目)。

森の栄養は川から海へと流れ、沿岸では天然物の大型のハマグリが安定して漁獲されています。

また、温暖な気候のため農作物がよく育ち、メロン、トマト、ぶどう等の栽培が盛んです。

匹見地域ではわさび、美都地域ではゆずの栽培も盛んです

https://www.city.masuda.lg.jp/site/teiju/

https://www.youtube.com/watch?v=DMrdiPb6K-Y

島根県「益田市」への移住関連リンク

島根県「益田市」移住へのメディアへの掲載

【2016年8月31日放送】
楽園の住人
葉月の伍 島根・益田市
~単身移住でワサビ栽培~
今回の舞台は島根県益田市匹見町。京都から単身移住し、ワサビ栽培を始めた安藤達夫さん(50歳)が主人公です。
匹見町には達夫さんは鮎釣りで訪れたことがありました。その匹見町が、かつてワサビの名産地だったことを知りました。そしてワサビの講習会に参加しているうちに、新規就農を決意。仕事をしている妻の久美子さんは京都に残ることになり、単身移住になりました。そして2009年10月、ワサビ加工場『葵屋』を始めました。伝統の“匹見ワサビ”復活を目指す安藤達夫さんを紹介します。

『葵屋』には達夫さんを手伝う“相棒”がいます。ワサビの講習会で出会った木暮貴之さん(38歳)です。ふたりは標高1000メートルの山の上に茂る畑ワサビを収穫します。そのときは、地元のお母さんたちも手伝いに来ます。畑ワサビは主に加工用で、練りワサビなどに適しています。また達夫さんと木暮さんは、谷ワサビも育て始めました。水分を吸い上げ、常に湿っている特性を生かし、粉砕した瓦をワサビ田に敷き詰め栽培します。ふたりは“匹見ワサビ”の復活を目指しながら、地域の活性化を願っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で