【住人十色】に場所は大阪府大阪狭山市【円満の秘訣はファミリーディスタンス!?熟年夫婦の終の棲家 河合康さん 建築家 河合美里さん】が登場!建築事務所 アトリエウルル一級建築士事務所


2020年10月10日(土)17時00分~17時30分 のMBSテレビ「住人十色(じゅにんといろ)」放送内容に、大阪府大阪狭山市「円満の秘訣はファミリーディスタンス!?熟年夫婦の終の棲家」が登場しますよ!

今回登場したのは、公務員 河合康さん 建築家 美里さんの家。

今回の家を手がけた建築事務所

アトリエウルル一級建築士事務所

アトリエウルル一級建築士事務所 公式サイトhttp://atelier-url.com/

MBSテレビ「住人十色(じゅにんといろ)」番組データ

MBSテレビ「住人十色(じゅにんといろ)」家のかずだけある家族のカタチ 毎週土曜日 午後5時放送 出演 松尾貴史 三船美佳

2020年10月10日(土)(土) 17時00分~17時30分 のMBSテレビ「住人十色(じゅにんといろ)」放送内容に、「円満の秘訣はファミリーディスタンス!?熟年夫婦の終の棲家」が紹介されます。60代で建てた家は「最低限の暮らしで良い」!終活を意識して必要なモノしか置かないという、絶妙な距離感の秘密は「への字」や「段差」!?安否が確認できる、好きな場所な家。今回は、64歳の夫と57歳の妻の夫婦で大阪府大阪狭山市の住人。2年前、建築家の妻が設計し、夫婦だけで暮らすための家を建てた。終活を意識した新居。必要なモノしか置かないことにした家。スタイリッシュな外観には外壁に「チタン亜鉛合金」という素材を使用している。また2階のLDKは、間仕切り壁のない細長いワンルームにまとめられており、家全体をへの字型にしている。リビングに70cmの段差を設け夫婦の目線が合わないようになっている。そうして適度な「ファミリーディスタンス」を保つ家になっている。ワンルームでお互いの安否は確認しながらも、「への字」や「段差」による死角を活かされ、夫婦がそれぞれ好きな場所で過ごせる。1階の奥には夫の趣味部屋があり大量のサーフボードが並んでいる。また、玄関横にある妻の部屋にはお茶やお花の趣味の部屋がある。夫婦それぞれが好きなことをし、相手の存在感が感じられる熟年夫婦の家となった素敵な家が紹介される。必見!

出演者

MC:松尾貴史
訪問者(リポーター):福島暢啓(MBSアナウンサー)
ナビゲーター:高井美紀(MBSアナウンサー)
ナレーション:かわたそのこ

  • MBSテレビ『住人十色』公式サイト:https://www.mbs.jp/toiro/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で