【住人十色】に場所は山梨県小菅村【セカンドライフは6坪で日本初!タイニーハウスの村「小菅村タイニービレッジ」一級建築士・技術士 和田隆男さん】が登場!


2020年4月11日(土)17時00分~17時30分 の放送「住人十色」に、場所は山梨県小菅村「セカンドライフは6坪で日本初!タイニーハウスの村・小菅村タイニービレッジ」一級建築士・技術士の和田隆男さんが登場しますよ!今回登場する建物がある山梨県小菅村は、澄んだ水が流れ、ヤマメやイワナの養殖が盛んな多摩川の源流部。東京都心部からは車で約2時間場所にあります。「小菅村タイニービレッジ」には、山梨県小菅村でおこなわれているタイニーハウスのデザインを全国から公募し、最優秀賞や優秀賞に選ばれたアイデアのターニーハウスを年2~3棟のペースで建てていく「小菅村タイニーハウスプロジェクト」の建物が設置されています。一級建築士で技術士の和田隆男さんは、そのプロジェクトの中心人物です。

出演者:
MC:松尾貴史 三船美佳
訪問者(リポーター):
ナビゲーター:高井美紀(MBSアナウンサー)

「小菅村タイニーハウスプロジェクト・Kosuge Tiny House Project」一級建築士・技術士の和田隆男さん

一級建築士・技術士の和田隆男さんは、もともと「地域おこし協力隊」ひとりで、小菅村役場、小菅村体育館をはじめとした村内にある公共施設づくりに関わってきた人物です。和田隆男さんは、豊かな森と水に囲まれ、近年若い移住者が増えている山梨県小菅村で、 村の資源である森林や水と共存し、次の世代に新しい住まいや文化を残すために私たちは小菅村でタイニーハウスの普及活動「小菅村タイニーハウスプロジェクト」に取り組んでいます。「小菅村タイニーハウスプロジェクト」では、全国公募で選ばれたターニーハウスを年2~3棟のペースで建てていく予定。

小菅村タイニーハウスプロジェクト(Kosuge Tiny House Project)公式サイト:http://tinyhouse-kosuge.com/

「小菅村タイニービレッジ」がある自然共生型アスレチック施設「フォレストアドベンチャー・こすげ」

「フォレストアドベンチャー・こすげ」は、奥多摩奥に位置する多摩川源流の里・小菅村にあるアドベンチャーパークです。針葉樹と広葉樹が混在する森のなかに日本で唯一最高地点は高さ15mのジップスライドがある「アドベンチャーコース」とご高齢の方、障がいを持った方でもご利用しやすい難易度を低くしたユニバーサル設計の「キャノピーコース」の特徴あるコースがあります。また、コース以外にも壁をよじ登る「ボルダリング」や、「スラックライン」など話題のアクティビティや、無料のキッズコーナーや、ヤギのいる畑など、コース利用出来ない幼児も楽しめる施設になっています。小菅村の観光交流拠点としての機能もあるほか、レストランやテイクアウトコーナーのある「道の駅こすげ」や、険後の汗もすぐ流せる高アルカリ性温泉「多摩源流 小菅の湯」がありも隣接しています。

自然共生型アスレチック施設「フォレストアドベンチャー・こすげ」には、山梨県小菅村でおこなわれているタイニーハウスのデザイン全国公募「小菅村タイニーハウスプロジェクト」で最優秀賞や優秀賞に選ばれたアイデアのターニーハウスの建物が設置された「小菅村タイニービレッジ」があります。

自然共生型アスレチック施設「フォレストアドベンチャー・こすげ」小菅村タイニービレッジ 場所

タイニーハウスを進化させる工房「株式会社 小菅つくる座」

スペースが限られたタイニーハウスでタイニーハウスに合う家具をつくり、タイニーハウスをよりよく暮らしやすくするために進化させる、そしてものづくりを楽しめる工房「株式会社 小菅つくる座」。小菅つくる座は「変わる」をテーマに、みなさまに新しい発想の家具・小物をつくっています。 多摩川源流の村、小菅(こすげ)で生み出される温もりとアイディアをカタチに、オーダーメイドで小物から家具まで制作している工房です。

「小菅つくる座」営業情報

MBSテレビ「住人十色(じゅにんといろ)」番組データ

MBSテレビ「住人十色(じゅにんといろ)」家のかずだけある家族のカタチ 毎週土曜日 午後5時放送 出演 松尾貴史 三船美佳

2020年4月11日(土)17時00分~17時30分 の放送 MBSテレビ「住人十色(じゅにんといろ)」に、山梨県小菅村「セカンドライフは6坪で日本初!? タイニーハウスの村」が登場しますよ!